新聞広告とマンガ広告

新聞広告は長い歴史を誇っており、日本国内で新聞が一般的になってから非常に重要な宣伝方法のひとつです。
大きく分けて折り込みチラシと新聞紙自体に印刷される広告の2種類がありますが、コスト面を考えるとやはり折り込みチラシが人気です。

ただ双方ともに効果的な手法であることには変わりありませんし、マンガ広告を駆使することで他とは違った見せ方ができるようになります。
そこで今回は、新聞広告とマンガ広告について解説します。

新聞広告の種類を知りコストパフォーマンスを高める

新聞広告は上記のように折り込みチラシと新聞紙面広告に分けられます。
限られたエリアにのみ宣伝したい場合やコストを抑えたいと考えた場合は折り込みチラシがおすすめであり、それに対して世間に向けて爆発的な広告を行う場合は紙面広告が望ましいでしょう。
双方ともに一長一短の性質があるため、目的に特に地元に根差した企業や店舗の場合は折り込みチラシ、ブランディング化や全国的な商品やサービスの展開をしたい際には紙面広告が良いのではないでしょうか。

どちらの方法もある程度の効果が見込めることは事実で、長年新聞広告を出し続けている企業も少なくありません。
しかしどちらを選ぶのかによってコストパフォーマンスが想定以上に異なる例もあるので注意が必要でしょう。

新聞広告の特性を意識して有効的に宣伝

それぞれの広告の種類によって得意としている分野と苦手としている分野があることを踏まえた上で、特性に基づいた掲載をすると良いでしょう。
限定されたスペースの中で広告宣伝しなくてはならず、折り込みチラシも新聞紙面広告も両方とも他の広告に埋もれてしまう可能性があります。
その可能性を少しでも排除して効果を高めようとするならば、マンガ広告を活用した宣伝手法がおすすめです。

いかに有効的に宣伝し、効果を挙げられるかということがポイントとなります。
読み手を意識したキャラクターやストーリーを用いたマンガは、思っている以上の成果を生むきっかけとなります。
あらゆる世代の人たちが目を通す新聞だからこそ広告宣伝に向いた媒体だといえるのではないでしょうか。

おわりに

新聞広告はまだまだ需要があり、広告効果を秘めています。
マンガ広告をプラスすることによって注目度も高められますし、精読率が高まるでしょう。

マンガを掲載している新聞広告自体が少ないからこそ、ある意味大きなチャンスだといえそうです。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。