3Bの法則とマンガ広告

プロモーションを行う際に注意すべき点や工夫すべき点は様々ありますが、3Bの法則はそれらの中でも重要度が高いです。
3Bの法則をおさえることで、より広告宣伝の効果を高め、それを見る人に印象づけることが可能となっております。

人間心理を活用した法則ですので本能に訴えかけられますし、それに加え、マンガ広告を用いれば鬼に金棒です。
そこで今回は、3Bの法則とマンガ広告について解説します

3Bの法則について

マーケティングや広告業界ではよく耳にするのが3Bの法則で、これは見ている人に好印象を抱かせ興味を持ってもらうために有効な3つのものを指しています。

その有効な3つとは、 「Beauty」「Beast」「Baby」のことです。

それぞれ美しいもの(美人やかわいい女性)、動物、赤ちゃんをさし、いずれも嫌いな人がほとんどいない存在です。

だからこそこの3Bの法則に基づいた写真やマンガを導入することにより、一般的な広告宣伝以上に興味を示してもらえます。

ただし闇雲に美人や動物、赤ちゃんを掲載すれば良いわけではなく、自社でアピールしたい商品やサービスに合致した関連性のあるものを掲載しましょう。
例えば化粧品の広告の場合美人を掲載するのはより良い方法ですが、動物や赤ちゃんを用いても意味がありません。
その部分に気を付けて3Bの法則に当てはめれば効果的でしょう。

3Bの法則はマンガ広告とも融合させられる

美しい女性や動物、赤ちゃんなどがテレビCMやその他様々な媒体でプシュされていますが、何も写真や動画を使う必要はありません。
マンガ広告も3Bの法則と同様に人間の本能に訴えかける力を持っているので、マンガの中に美人や動物、赤ちゃんなどを用いればより高い効果が期待できるでしょう。

例えば美人や赤ちゃんは比較的気軽に起用できますが、動物は種類によってはなかなか起用することができません。
しかしマンガという形式であれば実際に登場させる必要はなく、取材や出演料も節約することができるのです。

まさにマンガ広告は3Bの法則と好相性であり、マーケティングやプロモーションの業界では必要不可欠な存在となりつつあります。

おわりに

美人や動物、赤ちゃんなど、誰もが好む被写体を使って得られる効果を3Bの法則と言います。
マンガとこの法則を掛け合わせることができれば両者の良いとこ取りが可能になるため、より注目度を高め本能に訴えかけて印象づけられます。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。