BtoBビジネスとマンガ広告

ビジネスは大きく分類してBtoBとBtoCビジネスに分けられますが、双方ともに根本的な取引相手は人間そのものです。
ですからあまりBtoBだから…などと考えるとビジネスチャンスを失ってしまう恐れがあります。

マンガ広告を企業相手のビジネスで用いるか悩んでいるケースもありますが、上記のように人間が相手となるので賢い方法で用いれば大きな効果が期待できるでしょう。
そこで今回は、BtoBビジネスとマンガ広告について解説します。

BtoBビジネスにマンガを活かすメリットとは

BtoBビジネスの際にマンガ広告を使うことに抵抗感のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
例えば企業イメージの低下や、本気度が相手企業に伝わりにくいなどといったご意見があるでしょう。
しかし最近では積極的にBtoBの場においてもマンガ広告が活用されるケースが増えてきています。
なぜならマンガ広告は、より相手に対して興味を惹きつけやすく、さらに実写が伝えたいと考えている内容をストレート且つ理解しやすい形で伝達できるからです。

また想定しているビジネス内容をマンガを使って疑似体験してもらうことができ、商談がはかどるでしょう。
一般的な企画書などのビジネス書類は、小さな文字や分かりにくい図表が並べられていることが多く、会議自体が停滞しがちですが、マンガがあれば全員が共通の想いを認識しやすいというメリットもあります。

シチュエーションに合わせてマンガ広告を活用する

BtoBの場合、BtoCビジネス以上にマンガ広告の利用に注意深くならなくてはなりません。
マンガが不向きなプロジェクトのケースもあれば、相手先企業の担当者などが嫌悪感を示す可能性もあるでしょう。
ですから様子見をした上でマンガを使うか決め、さらに適切なキャラクターやストーリーを用いることが重要です。

それぞれの企業によって考え方が大きく異なりますし、それは業種や規模、平均年齢などによっても変わってきます。
それらを把握しておくと武器となること間違いなく、シチュエーションに応じたマンガづくりに役立つでしょう。

BtoBビジネスにおいてマンガ広告が有効利用できるというポイントをおさえておけば、これまで以上に積極的な事業展開が可能になるはずです。

おわりに

BtoBビジネスもBtoCと同様にマンガ広告を使ったアプローチをかけられます。
興味をひきやすく、さらに伝えたい内容をストレートに伝達できる点が最大のメリットでしょう。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。