【連載】第六回 手を描くと絵が上手くなる?形でとらえる手の描き方!(東町青従)

どうもマンガ家の東町です!
前回と前々回は顔と体の黄金比率について書きました。
これさえ守って描けば「鉄腕アトム」や「ミッキーマウス」ようにデフォルメした絵でも上手く見えるというものです。

今回はさらにクローズアップして手の描き方に迫ってみようと思います。

手の描き方

手の構造は簡単そうに見えて実は複雑です。 ここではイラストを元に「手」の描き方を解説していきます。

まず①のイラストをご覧ください。 手のパーツをブロックごとに分けて、あたりを取っていきます。

手のひらの部分を四角(緑の線)、親指の付け根の部分は三角(黄色の線)、そして指(青の線)をその上に描き足せば大体の手の形ができあがります。

指を描くときには関節(赤い丸)を意識して描いていきましょう。 手の甲を描くときには骨スジ(赤い線)が見えると思います。 この骨スジは手首の関節の一点に向かって描くとそれらしくなります。

次に②のイラストです。 手の構造は基本的に山なり(赤い線)になっています。 指の関節を横一直線に揃えて描いてしまうと不自然に見えるので注意しましょう。

指の関節の比率は、指の付け根から第二関節:第二関節から第一関節:第一関節から指先、の比率が 3:2:1ぐらいだと自然に見えます。

ただし小指だけ短く、小指の指先は薬指の第一関節あたりまでと覚えておきましょう。 それに伴って小指の第一関節は薬指の第二関節あたりになります。

そしてこのイラストでは人差し指と薬指が同じくらいの長さになっていますが、 これは人によって人差し指の方が長かったり、薬指の方が長かったりするのでお好みで描き分けてみてください。

おまけとして手首の太さは人差し指から薬指くらいまでの幅だと覚えておくといいでしょう。

続いて③のイラストです。

手を閉じる時、それぞれの指は手のひらの中心に向かって閉じていきます。 それぞれの指がまっすぐ下に閉じていくように描くと不自然に見えるので気をつけましょう。

ここでは遠近感をつけるために手前にある親指を大きめに奥にある他の指は小さめに描いています。 遠近感を出すときは少しオーバーに、手前のものを大きく奥のものを小さく描くと、奥行きが表現できるので演出の一つとして覚えておくといいでしょう。

次は④のイラストです。

握りこぶしの構造も山なりになっています。 ここでも拳の部分と関節の部分が横一直線にならないように気をつけましょう。

第一関節は中指が一番上にきていますが、第二関節は人差し指が一番前に出ています。 続いて中指→薬指→小指の順に階段のように後ろに下がっていきます。 これは自分で実際に握りこぶしを作って観察してみると分かりやすいかと思います。

そして⑤のイラストをご覧ください。

ここでは男女による手の描き分け方を見てみましょう。 ①のイラストで解説したブロック分けに加え、さらに女性は手全体で三角のシルエットを意識してください。

手の甲にある骨スジはほとんど描かず、 線は全体的に丸み持たせて描くと女性の柔らかい感じが出せます。

男性の手は女性に比べ大きくゴツゴツしています。 なので手全体で台形のシルエットを意識しましょう。

線は女性より太く角張らせて描くと男性のがっしりした感じを出すことができます。

さらに⑥のイラストでは指をクローズアップしてみます。

女性の指は関節をほとんど描かずなめらかな線を引き、爪は三角形を意識して描くと華奢な感じになります。

男性の指は関節をしっかり描き角張らせ、爪は台形を意識して描くとそれっぽくなります。 お好みで関節部分にシワを描いてもいいでしょう。

手を描くと絵が上手くなる?

絵を描く人なら「手を描くと上手くなる」という話を聞いたことがあるかもしれません。 ですがこれが具体的にどういうことなのか説明できる人はなかなかいないかと思います。

知り合いの絵が上手いマンガ家に聞いたところ、 彼は学生時代に手ばかりをひたすら描いて練習して手を描くのがうまくなったのですが、 そのまま全身を描いてみたところ「手」だけが上手くなりすぎて絵の中で浮いて見えてしまったのです。

それを修正するために次に「腕」、その次は「足」と、どんどん練習して観察力が身につき絵全体のレベルが上がったという話をしてくれました。

もしもっと絵が上手くなりたいと思っている方がいたらぜひ試してみてください。

手のモデルさんを参考にする

手を練習するにあたって本や写真を毎日探すとなるとかなり手間がかかりそれだけで大変です。

そこで筆者がいつも参考にさせていただいてるオススメの手のモデルさんをご紹介します。

シガの手 ( https://twitter.com/Shiga_teashi?s=17 ) さんです。

Twitterで活動している手のモデルさんで、 何かモノを持ったり色々な組み合わせで 様々なポーズの手の写真を平日に毎日アップしてくれます。

無断転載や自作発言はNGですが、 模写をしてツイートするときは

@Shiga_teashi #シガさんの手足描いてみた #シガの手足

をつけてつぶやけば自由に使って大丈夫です。 (この記事はあらかじめご本人の承諾を得ています。)

ぜひみなさんも参考にしてみてください。

さいごに

足の描き方についても解説したかったのですが 今回は長くなってしまったのでここまでで終わりです。

また色塗りのコツについても別の機会に触れていこうと思いますのでお楽しみに!

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。