動物を用いた広告とマンガ広告①

動物は人間に対して癒し効果を与えてくれ、本能的な興味も引いてくれます。
人は動物を見ると「かわいい」「かっこいい」などといった感想を持ち、自分たちとは違った部分に対して注意深く観察しようとします。
中には親心のような気持ちを感じる人も少なくはありません。

このような効果が動物にあるからこそ広告戦略においても欠かすことができず、ポスターやテレビCM、WEB上の広告などで積極的に活用されています。
そこで今回は、動物に関する広告とマンガについて解説します。

動物が広告に起用される理由について

まず第一に、動物が持つ愛くるしさや迫力などによる興味深さが挙げられます。
広告を見る側の人たちが興味を示してくれるからこそ起用されており、これは3Bの法則にも当てはまります。

動物といっても可愛らしい小動物から迫力満点なライオンやトラ、とても大きなゾウやキリンなど本当に様々です。
種類が豊富だからこそ人々の心をくすぐり、それぞれの商品やサービスにあった動物を起用できます。

そしてタレントに比べて出演料がお得という面も頻繁に起用される理由です。
もちろん希少動物や一部の動物に限っては例外ですが、そうではない場合は人気タレントに比べると格安な価格で高い効果が得られます。
まさにコストパフォーマンスに優れた存在の動物であり、人間が持つ隠れた感情を引き出してくれるといっても過言ではありません。

動物をマンガに登場させる

上記のように動物はプロモーション活動において重要な役割を担い、様々なメリットがあります。
そしてマンガであれば、コストをかけることなくどんな動物でも登場させることが出来ます。
それだけでなくタッチを変えることで、同じ動物でも「かわいい」から「かっこいい」まで幅広く描くことも可能です。

動物を、広告効果の高いマンガに登場させれば、相乗効果を得ることができるでしょう。

実際にマンガ作品の中には動物が本来持っている特徴を最大限活かした作品も多数あり、それらの多くは人気を博しています。
宣伝したい商品やサービスと結びつけにくいケースもあるかもしれませんが、最適な動物が見つかれば驚くほどのパフォーマンスを発揮できるでしょう。

おわりに

面白さのある動物や何か芸のできる動物、存在しているだけでキャラクターが確立されている動物などはとても強みを発揮します。
それらをマンガに登場させたり、動物広告とマンガ広告を併用することにより、ターゲット層に対してアプローチしやすくなります。

マンガ広告にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。