動物を用いた広告とマンガ広告②

動物が持っている宣伝力やアピール力を活用したいけれど、起用方法が分からないというケースがあります。
人間以上にその点に関するハードルは高いですが、見返りはその分大きいので、動物を起用することはおすすめです。

ただしマンガ広告であれば、気軽にそれぞれの動物が映える形で登場させられます。
そこで今回は、動物とマンガ広告について解説します。

動物の一般的な起用方法について

難しく考えてしまいがちな動物の起用方法ですが、自ら野生の動物を探して撮影するわけではないので意外と簡単です。
動物を多数扱っているプロダクションや動物園、愛好家などに連絡を取り撮影を進めるという形です。
大抵の場合出演料は10万円~高くても数十万円程度で収まるので安心です。
ただ、動物によって高額な費用がかかるケースや、撮影手法や内容によっても変わってきますので、その点に関しては注意するようにしましょう。

そして実際にテレビで放映されているCMシリーズを見ると、同じ動物が長年にわたって登場しているものもあります。
これは企業のブランディング化において非常に重要な役割を担っており、賢い方法です。
起用についてのリスク以上に、成功した際のリターンの方が圧倒的に大きい可能性も秘めています。

動物とマンガによる広告がおすすめ

動物は小さな子供も大人も、そして高齢者も、それに性別を問わず多くの人から好きだといわれています。
自ら飼っていなくても見かけるとやさしい気持ちになる、興味をそそられる、といって意見も聞かれます。

マンガも子供から大人まで人気があり、通勤通学の際や自宅での自由時間に読むというケースも見られます。
昔からマンガは日本人に親しまれているため、動物同様に興味の対象になっているのです。

ということは、これら動物とマンガをうまく構成させれば一般的な広告を超える宣伝効果が期待できそうです。
ただの宣伝という形で終わらず、好感度も高められ、情報伝達も的確に行われやすいのでかなりおすすめです。

おわりに

動物は宣伝活動においても積極的に使われており、テレビ番組などでも視聴率が取れると話題になっています。
癒し効果をもたらしてくれるだけではなく、興味の対象ともなります。
だからこそプロモーションと結びつけることができれば他の被写体を使った場合よりも成果を挙げやすくなるでしょう。

そのうえマンガ広告を活用することでメリットを高められます。
動物の写真とマンガを一緒に掲載することもできますし、マンガの中に動物をイラストとして登場させる方法も可能です。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ