広告効果~犬vs猫~

犬と猫は日本で飼われているペットの中でもトップクラスの人気を誇っています。
そもそも動物自体が広告宣伝の際にも力を発揮するので、犬や猫を活用すればおのずと効果は出るでしょう。

ただひとつ気になるのが、犬と猫を比べた場合どちらに軍配が上がるのかという点です。
そこで今回は、犬と猫の広告効果とマンガ広告について解説します。

犬と猫はどちらが人気か

この問題を語る際に避けて通れないのが、日本でペットとして飼われている犬と猫の数です。
以前は圧倒的に犬に軍配が上がっておりましたが、近年では猫を飼っている人の割合が犬を上回りました。
ただ、犬にも昔からの根強い人気があることも事実です。

そして犬や猫といってもそれぞれ様々な種類があり、特に犬の場合は大型犬、中型犬、小型犬と多く、特に最近は一人暮らし世帯でも気軽に飼える小型犬が人気です。
猫の場合もどちらかといえば手がかからない種類の方が人気でしょう。

犬vs猫の広告をチェック

広告の費用対効果を確認する場合、WEB広告を参考にするのが良いでしょう。
犬の写真を用いたバナーと猫の写真を用いたバナーを比較した場合、わずかながら猫の方がクリックされたという結果が出ています。
決して大きくはない差ですが、塵も積もれば山となるのがWEB広告の世界のため、広告効果における犬vs猫は猫に軍配が上がりました。

ただ犬種や猫種の選択の仕方や写真の撮影方法、デザインなどによってもクリック率は変わってくるので上記の結果はあくまでも一例となります。

また商品やサービス内容によっては犬の方が望ましい場合や猫の方が良いという場合もあるので、商材に応じた選択をしてください。
よくわからない場合は、双方ともの動物で広告を作り検証するのも良いでしょう。
マンガ広告であれば、いろいろな種類の犬や猫を登場させられるのでおすすめです。

ドッグフードやキャットフードなど動物に関連する商品やサービス以外にも、保険や通信機器など様々な広告で使用できるのが動物の魅力であり、マンガの特徴です。

おわりに

犬vs猫の物語は広告の世界でも語られています。
僅差ですが猫の写真を使ったバナーの方がクリックされる傾向にあるようで、それを参考にしてみるのもアリでしょう。

商材によって使用する動物を変更し、またマンガ広告を利用することも重要な戦略です。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ