看板とマンガ広告①

会社やお店などはいたるところに看板を出しており、宣伝しています。
特に集客が命取りとなる業種の場合は看板が果たす役割は非常に大きいでしょう。

看板を出すだけでは決して目立つことはありませんので、何らかの工夫を行う必要があります。
マンガ広告の活用もその工夫の一端です。
そこで今回は、看板に求められるものとは何か、そしてマンガ広告について解説します。

看板次第で売上が変わるといっても過言ではない

街を歩いていて様々な看板を見かけますが、この看板がきっかけとなりお店の存在を知り入店することもしばしばあります。
同じようなお店が同エリアに複数店舗ある場合には、いわゆる潰し合いが盛んに行われます。
これは競争社会の今ですから、致し方ありません。
そのような中、生き残るためにも看板に工夫を凝らす必要があるでしょう。

まずは目立たせる必要がありますが、不自然な形ですと逆効果になりかねません。
業種に応じて、さらにターゲット層に合わせたフォントや色合い、イラスト、写真なども用いることが重要となります。
それによって少しでも興味を抱いている人たちが訪れてくれやすくなり、集客力アップのきっかけになるでしょう。

看板をつける前とつけた後では効果は大きく違いますし、古い看板をより良いものに取り替えるだけでも大きな成果が生まれます。
ある意味看板は特に重要な営業マンといっても過言ではなく、最近ではマンガ広告を用いて親しみやすさや目新しさを取り入れているところもあります。

看板には何を記載する必要があるのか

ただ目立たせるだけではあまり意味がなく、どのような人たちに何を伝えたいのかを明確に考えて、記すようにしてください。
さらに興味を持った人に対してどのような行動も促すのかも記しておくとなお良いでしょう。
例えば来店して欲しいのであれば具体的な場所を記し、電話をして欲しい場合には分かりやすく電話番号を記載しましょう。

どんなサービスをどのような形で提供しているのかを一目瞭然の形で表現できる看板はやはり強みを持っています。

お客さんが必要としている各種情報を察知してそれらすべてを網羅する看板作りができれば、お客さんが不満を抱えることなく利用してもらいやすいです。

マンガ要素を加えることで自然と注目されやすくなり、他のお店の看板以上に興味を引きつけやすくなります。

おわりに

看板は単純に掲示するだけでなく、どんな人にどんな内容を知らしめたいのかを明確にして記載する必要があります。
そしてマンガ要素を有効活用することで情報量を増やし、親しみやすさを与えて、お客さんにアピールしましょう。

看板にも使えるマンガ広告の制作にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。