看板とマンガ広告②

何かをアピールする際に使用されている看板は、アイキャッチの役割を果たしています。
街を歩いていると様々なお店が連なっていますが、デザイン的な工夫が凝らされている看板があるお店というのはアイキャッチ効果のおかげで集客力が高いと言われています。

どのようにデザインをするかが重要で、ただ単に看板を設けるだけではあまり意味がありません。
目立たせるために、マンガ広告を利用するということも1つの方法です。
そこで今回は、看板のアイキャッチ効果とマンガ広告について解説します。

アイキャッチを意識した看板作りが必須

街にある看板もWEB上のバナーもアイキャッチ力の高さが何よりも重要であり、同じ露出量でもデザインの違いで大きな集客の違いが生まれます。
ですからアイキャッチ力を高めたデザインが必要不可欠となり、単純なカラーバランスやフォントの違いだけでなく分かりやすい表記の仕方に変更するだけでも効果が見られます。

例えば屋号を大々的に看板に記しただけでは何を販売しているお店か分からなくては集客効果は薄くなりますが、それに対して扱っている商品の情報の看板に記すことによってアイキャッチ能力はぐんと高まるでしょう。
ターゲットになり得る人たちが好むフォントや色合いを用いることが重要ですので、見やすく作るようにすると良いでしょう。

文字だけでも看板は成り立ちますが、イラストや写真があるとアイキャッチ効果が高まるのでおすすめです。
特にマンガ広告であれば楽しさを伝えられ、お店のメリットや商品のメリットなどを効果的に表現することが可能でしょう。

瞬間的なチャンスを逃さない看板戦略

看板を見て自分にとって必要な情報かどうかを人間は瞬時に判断しています。
そうでないと町中にある看板に対応できません。
本能的に魅力を感じたものや興味をそそられたものに関しては。体験してみたいと思うものです。
ただそのアイキャッチに許される時間は瞬間的であるため、見た瞬間に魅力を伝えられなくては無意味となってしまう恐れがあります。

それを実現させるためには求められている情報の記載に加えて、見やすさの実現、そして多少奇をてらい目立たせることも必要です。
マンガ要素を大きく取り入れアイキャッチ効果により道行く人の足を止め、注目させるという方法もひとつの戦略です。
それにより本来瞬間的なチャンスであるはずの看板戦略により注目してもらいやすくなるでしょう。

おわりに

看板とマンガ広告という組み合わせはこれまであまり見られませんでしたが、マンガ広告の台頭により用いられるケースも徐々に増えてきています。
アイキャッチ効果が高いため有益だと認識している人たちも多く、今後はさらなる利用が進むのではないでしょうか。

看板にも使えるマンガ広告の制作にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。