マンガ制作のポイント~女性の年代別の好み(10~20代)~

女性のデザインや色の好みは男性と異なりますが、実は同じ女性でも年齢層によってかなりのばらつきがみられます。
そういった特徴をイラスト制作やマンガ広告を制作する際に活用するとより効果的となるでしょう。

特に10~20代の女性はおしゃれに敏感であり、可愛らしさを求める傾向にあります。
そこで今回は、マンガ制作のポイントとして10~20代の女性の好みについて解説します。

10代女子が好む色使いやイラストについて

友達とともに「かわいい」という想いを共感することの多い年齢層です。
そのため、やはり全体的に好まれやすいピンク色をはじめとした可愛らしい色を使うようにすると良いでしょう。
シックな色合いは10代の女の子にとってはまだまだ遠い存在ですから、渋さを演出するのではなく女子らしさを前面に押し出した色使いをおすすめします。

イラストについても同様で少女マンガのようなキラキラとしたイラストや特に可愛らしいイラスト、ポップテイストなものなどが人気を集めています。

これらの要素がしっかりと組み込まれたマンガ広告を制作することにより、ターゲット層にしっかりとリーチした広告戦略が可能になります。
年代別の色やデザインの好みを見ていると様々な事に気づきますが、10代は特に前半と後半で好みが変わってくる点も特徴です。

20代女性が好む色使いやイラストについて

20代もまだ学生気分が抜けず、10代後半と同じような色彩感覚やデザイン感覚を有している女性が多いです。
しかし社会人になっていくことで、徐々にかわいすぎるイラストや色合いだけでなく、大人らしさを意識した少々控え目なイラストなどを好むようになると言われています。
これはマンガ広告を制作する際のポイントとしても同様で、10代以上に20代の女性は自らの好みがしっかりと見つかっているので、自分が好きな色にはより敏感に反応するという点を抑えておきましょう。

色合い的には人によってはカラフルで派手なものを好むケースも出てくる点が特徴です。
全員にウケることは難しいですが、可愛すぎないキャラクターで、なおかつデザイン的にも配慮された色使いがなされているとファンが広告としても興味も持たれやすくなります。

おわりに

女性は年代によって色合いやデザインの好みに違いが見られます。
10代と20代は非常に似たイメージこそあるものの、実は好みには大きな差があります。
これらの要素を知りマンガ広告の制作の際に取り入れれば、爆発的な宣伝効果が期待できる可能性もあるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。