マンガ制作のポイント~女性の年代別の好み(30~40代)~

男性も女性も、年齢を重ねるに従って様々な面で好みが変わってきます。
それは色合いなどのデザイン面においても同様であり、特に20代を過ぎて30代に入ると落ち着いたものを好む傾向があります。
それ以上の世代も同じですが、デザインに対して求める内容が違ってくる点も特徴でしょう。

そこで今回は、マンガ制作のポイントとして30~40代の女性の好みについて解説します。

30代の好みについて

20代の間は派手なファッションやポップテイストに憧れるものですが、30代に入ると落ち着きを演出できる色やデザインを好みます。
それほど目立たないカラーバランスを使うことが重要で、カラフルさを出すよりも単色+ワンポイントカラーあたりが理想と言われているようです。

それはイラストやマンガにおいても同様なことが言え、ストーリーやタッチ、カラーバランスが落ち着いていてどこか上品さを感じられるものが人気です。
30代といっても前半と後半では全くといって良いほど特徴が違い、後半になるとシックな色合いのアイテムやイラストを好むケースが見られます。

40代女性の好みについて

40代になるとより落ち着いたものが好きになり、なおかつ品の良さを求めるようになります。
そして豪華さや高級感といった部分にも注目し始め、落ち着いた色だけでなく同時により高級に見られる色を好むようになるでしょう。

40代女性をターゲットにする商品やサービスをマンガ広告を制作する場合は、派手派手しい色づかいではなく、どこか高貴さを感じることができるものがおすすめです。

中途半端な色使いではなく、はっきりと見て取れるような色分けをすると好まれやすくなります。

それぞれの年齢に合った色やデザインの好みの特徴に従ってマンガ広告を制作すると、成果として出やすくなります。
マンガをきっかけ作りにするためにも、好みの把握は必要不可欠でしょう。

おわりに

30代女性も40代女性も人それぞれ好みの違う部分はあるものの、基本的には若い世代に比べて落ち着いた色を好みます。
例えば50代を超えるとよりその特徴は顕著に出始め、いわゆる地味色と呼ばれる色が使用されることも多いです。

多くの宣伝の際に使われているマンガ広告をも、基本的にはターゲットの年齢層に合わせた色使いやデザインを意識しで作られています。
特定の年齢層に特化したマンガ広告を制作する場合は、特に注意すべきでしょう。

マンガ制作ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。