広告デザインのアプローチの違いとマンガ広告①

広告デザインに関する好みは男女によって異なっているということは、それぞれの商品の広告戦略を見れば明らかでしょう。
この点を意識してデザインを制作しないと、せっかくの機会を損失してしまう恐れがあります。

男性と女性それぞれに合った形でアプローチするための方法としてマンガ広告を用いれば、より良いものにしてくれます。
そこで今回は、女性が好む広告デザインとマンガ広告の制作について解説します。

女性にアピールするためにしておくべきこと

男性は理想を追いかけたり、夢見がちな性格といわれることがありますが、女性の場合はある種現実的だといわれています。
もちろん自分が理想としている商品の機能性やビジュアルなどはありますが、どちらかと言えば価格のような現実的な要素を踏まえて購入する傾向にあるそうです。
ですから広告デザインにおいて女性に対してアプローチする際には小難しい機能性などよりも、価格によるお得さや見た目のかわいさを演出すると良いでしょう。

また、女性はチラシを読む際やWEBページを活用した広告を読む際に、深読みしない傾向にあります。
ファーストビュー部分やサイトのトップページで魅力を感じなければ、アプローチ失敗といっても過言ではありません。
そのためデザインを重要視し、今だけでなく今後も楽しく使えるようなプラスイメージを与えることが不可欠です。

女性と男性を比較した場合に、女性は様々な話が好きだと言われることがあります。
この特徴はマンガ広告の導入にプラスに働くと言え、それぞれの女性が商品やサービスに対して前向きに考えられるようなストーリー展開を用いれば、大きな効果が見込めるでしょう。

他人と思いを共有しシェアしやすいアプローチ方法が女性にぴったり

女性は男性に比べて複数人での世間話やSNSでのやりとりなどが好きな傾向にあり、常に様々な情報をシェアしています。
それは広告デザインの世界でも同じなので、女性に対してアプローチをかける際にはいかにして情報拡散してもらうかという点にも注目しましょう。
今はSNSをはじめとした手段があるので有効活用しない手はありません。

マンガ広告はSNSにおける注目も集めやすいですし、それだけでなく商品やサービスの具体的な使い方やメリットを伝えることも可能です。
女性好みのキャラクターが登場人物として出ているだけで注目度合いが高まり、広告アプローチ力は非常に高まるでしょう。

おわりに

広告デザインによるアプローチは男女の違いを意識しなくてはなりません。
伝えたい情報の拡散がなされやすいような工夫を凝らし、好まれるであろうキャラクターを用いたマンガ広告も活用すべきでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。