広告デザインのアプローチの違いとマンガ広告②

男性は理想を追い求める習性があり、女性以上に自らがつくり出した夢を追いかける特徴があります。
また男性は何らかの商品やサービスを購入や導入する際に論理的な根拠を求めます。

ですのでそれらの要素をマンガ広告の中に取り入れて、広告デザインの目玉として活用することがおすすめです。
そこで今回は男性向けの広告デザインのアプローチ方法とマンガ広告について解説します。

必要性を刺激することが大切

男性は女性ほど買い物好きではなく、自分が必要としているもの以外はあまり購入しない傾向にあります。
ですが必要だと感じていればすぐにでも購入するといった面もあるので、欲している人たちにどのようにアピールするかが重要になってきます。
将来的な話ではなく今現在欲しいと感じている男性にうまくアプローチし、また頭の片隅にある「少し欲しいかもしれない」という思いをくすぐることも重要です。

いかにして必要性を刺激するかというのは非常に難しく、広告戦略において難易度の高い問題です。
そこで実際に使っている姿をより具体的に想像させることができるマンガ広告を用いることで、状況は好転するでしょう。

ただあまりごちゃごちゃとしたデザインにすると特徴やメリットが分かりづらくなるので、デザインに取り入れる情報の取捨選択には気を付けましょう。

具体性を示してシンプルな構成にする

派手で目立たせることは広告デザインにおいては大切ではありますが、男性にアプローチする場合にはやりすぎは禁物かもしれません。
できればシンプルで重要な文言を目立たせ、また商品の具体的な説明をチラシやポスター、WEB広告上で行っておくと良いでしょう。
具体的でなく抽象的な表現であると信憑性の面で不安を感じて購入しないというのは、男女の大きな違いの1つです。

女性向けの広告デザインとは違い使用する色の種類もそれほど多い必要はありませんが、とにかく信憑性づくりが重要です。
レビューの掲載や科学的根拠のある情報を掲載したり、有識者を登場させることも男性向けの広告アプローチ方法の際には取り入れておきたいポイントです。

そこでマンガ広告を使って注目を引き、マンガの中にも具体的な情報を組み込んでおきましょう。

おわりに

広告デザインといっても男女によってアプローチ方法が違ってきます。
男性は商品やサービスの必要性を刺激することが重要で、なおかつ掲載する情報は具体的でありシンプルにまとめることも不可欠です。

ターゲットの傾向を掴み、マンガ広告を広告戦略において有効利用していきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。