手書き風チラシとマンガ広告

チラシといえば昔は手書きが当たり前で、手書きならではの温かみがありました。
そして今では、あらかじめ作られているフォントを使った広告が一般化し、見やすくて作成しやすくなりました。

しかし手書きで制作されたチラシには既存のフォントを使った広告にはない、昔ながらの手書き広告だからこそ感じられる思いもあります。
そこで今回は、手書き風チラシとマンガ広告について解説します。

手書き風チラシは思いが伝わりやすい

ポスティングや街での配布などによりチラシが消費者のもとに届けられています。
しかしあまりにも溢れすぎているので、消費者にとって邪魔な存在と感じられてしまうケースもあります。
このように思われる最大の理由は宣伝臭さですが、これは既存のフォントを使っていることもひとつの理由です。

ありきたりなフォントではなく手書きであればように思いを伝えやすくなり、他の店舗や会社とは差別化できます。
実際に手書きのチラシが見直されはじめており、導入している所も見られますが、作成に手間がかかるという難点もあります。

そんなデメリットを解消してくれるのが手書き風フォントを使ったチラシであり、これであればこれまで同様のチラシ作成方法で手書き感覚を演出できます。
結果的に宣伝臭くなりすぎないように消費者に対してアプローチができ、そこにマンガ広告も加えればよりオリジナリティに富んだ魅力的になります。

手書き風チラシとマンガ広告で宣伝効果を高める

捨てられずにきちんと読んでもらうためのチラシには、いくつかの共通点があります。
数ある条件の中でも驚きは大切な要素であり、読んでもらうためのきっかけ作りになります。

チラシといえばゴシック体やポップ体などのフォントがデカデカと書かれているイメージです。
そんな中手書き風のチラシであれば驚きの感情を与えやすくて、「読んでみようかな…」という気にさせることができるでしょう。
「わざわざ手書きでチラシを作っているのか…」という同情の気持ちも与えやすくなるので、やはり結果として宣伝効果は高まります。

そしてもうひとつの武器がマンガ広告で、マンガは日本人のあらゆる世代が親しんでいるものです。
ということからも、精読率を高めるための秘訣となると言えるでしょう。

おわりに

手書き風の広告宣伝チラシは驚きを消費者に対して与えるだけでなく、感動も届けてくれます。
作り手の想いを的確に伝達できる点も、この手書き風チラシやマンガ広告のメリットでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。