3つの事例から見るマンガ広告を眼科に導入するメリット

広告はどこにでも存在し、Webやパンフレットなどではマンガ広告の有効性が認められて以降広く活用されるようになりました。

それは医療の場・眼科でも同じ事で、すでに導入を決めた眼科は大きな広告効果を上げているのです!

ではどのような理由でそこまで効果を上げられたのか?
3つ事例を提示してメリットを深く見ていこうと思います!

物語により、伝えたいメッセージが確実に届く

出典:http://muranaka-ganka.com/online/

このマンガ広告は眼科のホームページで使われているもので、ドライアイに悩んでいる登場人物(患者)が眼科を見つけて改善していく…というストーリーになっています。
はじめは目薬だけで何とかしていたものの、会社の同僚から「一度診てもらった方が良いよ」と診療を勧められます。

訪れた眼科は実際の広告主の眼科で先生も登場してきます。
そして「オンライン診療(遠隔診療)ができますよ」とシステムの説明に入っていきます。
おすすめポイントが大きなコマで登場し、QRコードもさりげなく表記されています。
患者も「オンライン診療は便利!」と非常に満足して、最後に先生が「ドライアイ・アレルギー性結膜炎の方などはオンライン診療可能です!」と強みを押して予約ページへ…という内容になっています。

実際の眼科・先生がマンガ内に登場する事で、より読者に臨場感(リアル感)を与えられますし警戒感(緊張感)を一気に取り払う事が可能となります。
推したいポイントや医院情報もマンガ内で自然に伝えられるのもメリットとなっています。

症状の原因をわかりやすく説明して治療を促す

出典:http://www.otsuka.co.jp/decoboco-eye/manga/manga_01.html

このマンガの主人公はドライアイですでに通院している患者さんです。
乾くだけでなく目のゴロゴロ感が気になりますが、そんな時にマスコットキャラクターが登場しドライアイを詳しく解説します。
こんな症状もドライアイ!と印象付けるストーリーとなっています。

このマンガは比較的ポップなタッチで描かれており、中でもマスコットキャラクターの登場は実際のマンガにも近い印象を与えます。
それでいて診療の様子や症状は臨場感があって、解説も図解入りで詳しいです。
あえてシンプルかつポップにする事には、読者に「難しいなあ…」と思って内容が入ってこない状況を防げるのがメリットがあります。

上手くマンガにすれば自発的に「眼科へ行こう!」という気持ちにさせてくれるので、訴求効果が高いです。
ドライアイのように有名な言葉でも、実際の症状の全体像とは違って普及している言葉もあるのです。
周知してより沢山の方に眼科へ来てもらおう、という際にマンガの力は発揮される事でしょう。

マンガを連載して認知度UP

出典:https://www.drsgate.com/company/c00042/akahoshi_index.php

この作品は眼科を扱った医療マンガで、かなり本格的な内容・絵柄となっています。
大テーマの白内障だけではなく、現場の実情やテクノロジーも詳しく描かれます。
いかにして世界トップクラスの眼科医が歩んできたのか?その足跡を辿っていくストーリーです。

医者がマンガ連載をしている場合、その流れとして書籍販売に繋がる事が多いです。
著者(医者)が得意とする分野や治療法を世間に浸透させると共に、「自分(と自分の医院)はこの治療法に自信を持っています!」と読者にインパクトを与えるメリットがあります。

それは眼科でも同じ事で、この目の病気だったらぜひこの先生の所で…と少し遠方に住んでいたとしても足を運んでくれるかもしれません。
また読者自身も症状や治療法について、マンガで分かりやすく把握できますから説明や期間について納得してくれやすくなるでしょう。

また、その書籍の広告を出す事で、間接的に医院の宣伝が可能になるのも見逃せないメリットです。

マンガ広告は眼科でも大活躍!

今回は眼科がマンガ広告を導入するメリットについて見てきました。
このように、広く沢山の人が持っている潜在的ニーズを広告によって掘り起こし、利用者獲得を目指せます。
その際にマンガの力を借りる事は本当に有効で、「こんな些細な症状でも病院に行った方が良いのかな…?」と疑問に思っている人の背中を押してあげられます!

その上で、その眼科が持っているオリジナリティー(その眼科にしかない強み)を添えて伝えられますし、親しみも持ってくれやすくなります。

マンガ書籍にした場合にはさらに広告も広く流せますし、まさに可能性は天井知らず!だと言えるでしょう。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。