電車広告とマンガ広告①

私達が日常的に使用する電車の中には様々な広告があります。
スマホを見ている人が増えてきましたが、暇を持て余している人も多くいるため、自然に広告が注目されるケースが多々見られます。

ですから広告デザインや最適な広告種類を選べば効果が望めるでしょう。
そこで今回は、電車広告とマンガ広告について解説します。

代表的な電車広告の種類について

複数の広告と種類があるのが電車の特徴ですが、特に目につくのが中吊り広告ではないでしょうか。
通路部分の天井から吊るされているもので、座席に座っている人でも立っている人でも気軽に見ることができると言われています。
広告自体のサイズが他の種類よりも大きめなので比較的遠くからでも見やすく、広告効果は抜群です。

目立ちやすい点はメリットですが基本的には目線よりも高い位置にあるので、その点は注意すべき部分となります。
マンガ広告なら、文字を減らしても絵で情報を伝えることができるため、目を引くだけでなく伝えたい内容も漏らすことなく届けることができるでしょう。
見やすさと工夫を凝らすことにより、このデメリットの解消に繋がります。

他におすすめの広告といえば、ドアの横部分に掲示できるポスター広告です。
立っている人の目線ぴったりの高さなので通勤中や通学中など、電車に乗っている際に目にする機会は多いでしょう。
この広告は、ドアの横に掲示するので数が限られ、競争率が激しい点が特徴です。

そしてドアの上側にもポスター広告が掲示でき、ドア横に比べて少し横長の広告が一般的です。
ドア横に比べて目立ちにくく積極的に出稿希望する企業はそれほどありません。
ですが人で埋もれることはないので、マンガ広告を使って人の目を引くことができれば、費用対効果は高くなるでしょう。

電車のドアの窓ガラス部分に貼られているステッカーも広告です。
特に立っているお客さんが多い電車の場合は注目されることが多く、自然に視線に入りやすいという特徴があります。
窓ガラスに貼るステッカーということでサイズ自体はそれほど大きくはないものの目につきやすいのでアピール効果は絶大です。
マンガ広告であれば注目されやすいだけでなく、小さいスペースでより多くの情報を伝えられるという点でも、効果的と言えるでしょう。

電車広告の種類によって戦略は変わる

電車広告といっても様々な種類があり、それぞれアピールのしやすさや料金などが異なります。
コストパフォーマンスを高めるためにはまずしっかりと見てもらう必要がありますので、注目を集めやすいマンガ広告を制作し、活用してみてはいかがでしょうか。

近頃はあえて目立たせるためや斬新さを与えるために、マンガ広告をデザインとして用いるケースが増えています。
少しの工夫次第で効果は大きく異なるので、自社の広告に応じた種類やデザインを見つけ出しましょう。

おわりに

電車広告の中でも代表的な中吊り広告やドア横広告、ドア上広告は電車に乗っている人たちにアピールするための手段として用いられています。
ただすべての広告の種類が同じ効果を得られるわけではないので、特性を知り、工夫を凝らしてみることが重要です。

マンガ広告も賢く活用することによりコスト以上のパフォーマンスを望めるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。