電車広告とマンガ広告②

日本は電車社会といっても過言ではなく、特に都市部においては欠かせない移動手段です。
ですから当然広告宣伝の場としても有効活用されていて、たくさんの種類の電車広告が存在しています。

多くの種類の広告があるからこそ吟味し、最大限の効果を挙げることが重要となるでしょう。
そこで今回は、マンガ広告と電車広告について解説します。

電車広告の種類は多い

座席の上、窓の上部分にある横長のポスター掲示広告がおすすめです。
特に電車の側面に沿って端に長い座席が設置されているタイプの電車の場合は、自分が座っている方と逆の窓の上にあるこの広告に目を引かれることも多いのではないでしょうか。
また、比較的料金も安く広告出稿しやすく、派手なデザインのポスターもよく見られます。
そして横長でサイズが大きくマンガが掲載しやすいため、マンガキャラがきっかけになり注目してもらえるようになりそうです。

他には吊革広告、トレインチャンネルなどがあります。
トレインチャンネル広告はドアの上にあるモニターに映し出される広告であり、一般的なポスターやステッカーを使った広告とは一味違う広告です。
CM感覚で見られ、動画を活用できるので人気があります。

そして例外的に車体広告というものもあります。
電車の車体自体にデザインを施して乗客やそれ以外の人たちにアピールできるというのが特徴です。
しかし、莫大な広告効果はありますがコスト的にかなり高いというのがデメリットでしょう。

電車広告を活用するメリットとは

様々な広告手法がある中で電車広告を選択するわけですから、電車広告ならではのメリットを受けたいですよね。
様々なメリットがありますが、中でも多種多様な人たちに一斉にアピールできる点が大きな強みです。

老若男女、様々な人たちが乗車しており、ポスターやステッカーのデザイン次第で自由自在に想いを伝えることができます。
また電車に乗車している間は暇なあまり広告を眺めている、という人も少なからずいます。
そういった人たちに効果的にアプローチできるというのは電車広告の強みでありメリットです。

そしてマンガ広告には、情報量の多さや高いアイキャッチ効果がありますので、ぜひ電車広告と組み合わせてみてはいかがでしょうか。

おわりに

電車広告とマンガ広告はうまく融合させれば宣伝アピール効果を高めることができます。
広告の種類によってもアピール方法やマンガ広告のうまい利用の仕方が違ってくるので、自社に合った広告を制作しましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。