電車広告の効果とマンガ広告

電車広告といえば中吊り広告やドア近くの広告が連想されますが、他にもいろいろなものがあります。
それぞれ効果も違えば特色も違い、当然料金も違います。

より良い宣伝効果を挙げるためには最も適した種類を選ぶ必要がありますが、加えてマンガ広告も活用することでさらなる効果が期待できるでしょう。
そこで今回は、電車広告の効果とマンガ広告について解説します。

電車広告の効果について

街中あらゆるところで見かける広告ですが、多くの場合はじっくりと見ることなく生活しているのではないでしょうか。
しかし電車に乗っている間は少なからず自由時間ができるので、周りにある広告に目をやる機会が増えるでしょう。
その結果として、その他の広告手段に比べて優秀な宣伝成績が現れることが多くなるため、今でも使われているアピール手段となっています。

電車に乗ったとき車内にある広告を見ている、と回答している人が非常に多く、アンケートの結果8割以上の人が何かしらの車内広告をチェックしています。
ついつい目がいってしまう広告といえばやはり目立ちやすい中吊り広告で、立っていても座っていても見やすいというのが特徴です。
電車の真ん中部分に設置されているので目が届きやすいというのもメリットなのでしょう。

他には窓の上部に設置されている広告やドア横、ドアのステッカー広告も効果があります。
特に若い世代にはドアの周辺部分にある広告がよく見られていることから、掲載されている広告内容もそこを意識しているようです。

電車内広告が成果を生む理由

広告を出しても必ずしも成果が出るとは限りませんが、電車内広告は少々特殊です。
というのも、電車の中で広告を見て少し気になったことがあれば気軽にスマホで調べて購入や申し込みをする、というケースが非常に増えてきたのです。
電車の中でスマホを使っている人が多いことも一因であり、広告チェック→ネットで確認して購入という流れが一般化した結果でしょう。
この流れがあるからこそ電車内広告は成果を生むことができるのです。

以前に比べて広告に対して免疫がついている現代人ですが、暇を持て余しがちな電車内は広告に対して寛容な気持ちでいられるようです。
そして増えてきたとは言え、まだまだマンガ広告が電車広告に用いられることは少ないため、そのインパクトが広告効果の高さに寄与しています。
マンガが果たす役割はとても大きく、今後も注目すべき存在でしょう。

おわりに

マンガは若者だけでなくそれら以外の世代にもアプローチでき、成果を高めるための手段として確立されています。
マンガ広告は様々な世代が利用する電車の広告としては、最適と言っていいのではないでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。