マンガ制作のポイント~タイトルの決め方~

マンガにはタイトルが不可欠で、タイトルの善し悪し次第で作品の価値が変わるといっても過言ではありません。
またタイトルが良ければ読んでもらえるきっかけとなり、逆に悪ければ読まれることなくスルーされる可能性も出てきます。

マンガ広告の制作においてもタイトル決めは非常に難しい点ですが、より良いタイトルをつけることが出来れば大きな効果を発揮するでしょう。
そこで今回は、マンガ広告のタイトル決めのポイントについて解説します。

タイトルを決める際に注意すべきポイント

上記のように読んでもらうきっかけになるのがタイトルですが、だからといって内容とは関係のないタイトルを用いるのはNGです。
マンガの内容に応じたタイトルを採用し、いくつかの案を出し、その中でより良いものを厳選することが何よりも大切となります。

一般的なマンガの場合もタイトルは重要な役目を果たしますが、マンガ広告の場合はより重要なのです。
そもそも読んでもらえるかどうかはタイトルにかかっているといっても過言ではないため、読みたいと感じてもらえるようなタイトルをつけなくてはなりません。

少し奇をてらうことによりインパクトを与えて興味をそそる方法も面白く、あえて王道から外れたタイトルで読み手を惹きつけて積極的にアピールするのも効果的でしょう。

またマンガ広告のタイトル決めの際には、宣伝するに当たって重視すべきキーワードを入れる必要があります。
これによって商材に興味を持っている人が食い付きやすくなり、そこから購入や申し込みに繋がるようになるでしょう。

マンガ制作に欠かせないタイトル決め作業は意外と難しく、キャラクターやストーリー同様に作品の善し悪しを左右するポイントになります。

タイトル決めの際に気をつけるべきポイントはたくさんある

他にもマンガ広告のタイトルの場合は、分かりやすさも必要です。
そもそも広告はあまり好き好んでは見てもらえない傾向があるので、ちょっとした興味を逃さないためにも驚きを与えるとともに分かりやすいタイトルにするというのも必要不可欠です。

商品名やサービス名をタイトルに含ませたり、ターゲット層となる人たちが引きつけられるネーミングを含ませるというのもより良い方法でしょう。
マンガに限らず、タイトル決めの作業はとても重要な存在です。

ある意味最も目立ち、1番初めに目に入るのがタイトルになるので、マンガ広告で成果をあげるのであれば避けては通れない部分です。
マンガ制作を行う場合には上記について注意し、タイトルを決めましょう。

おわりに

アピール手段としてマンガ広告が注目されていますが、理想的なタイトルを決めることは簡単ではありません。
マンガ広告を制作する際は気をつけるべき様々な点に注意し、より良いものを作っていきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。