マンガ制作のポイント~イラストのタッチ~

マンガ制作において、イラストタッチは作品の世界観を左右する大切な要素になります。
マンガ広告の場合は何らかの商品やサービスを宣伝する必要があるので、より世界観に合わせたイラストタッチの実現が不可欠でしょう。

適切なイラストタッチで作品を作るためには、マンガ家の特徴などを理解しておくことが必要です。
そこで今回は、イラストタッチのイメージとマンガ広告について解説します。

イラストタッチひとつで見せ方を変えられる

例えば車を描く場合、イラストタッチの種類により読み手の感じ方が大きく異なってきます。
ベタ塗り風で行くのか、それともリアルさを追求するのか、毛筆風や線画風にするのか決める必要があります。

それぞれのイラストタッチには特徴がありますし、なおかつメリットもあります。
宣伝したい商品やサービスを描く場合には世界観に合わせる必要があるでしょう。

単純にリアルさを追求した描き方をすれば良いわけではなく、逆にベタ塗りが良いとも限りません。
その他の登場人物や背景の描き方とのバランスも考える必要があり、全体的なイメージと合わせるようにしてください。

イラストタッチの種類について

イラストタッチには様々な種類があり、最も単純な線画は細い線だけで描かれています。
シンプルではありますが多彩な表現が可能になり、特にファッション系アイテムを宣伝したい際におすすめです。

他にはベタ塗りと呼ばれる手法もありますが、これはあまり色の濃淡を付けずにシンプルに色付けしたものです。
事細かな表現が必要ないマンガ広告の場合に用いられることも多く、ベタ塗りだからこそ少し遠くの人にも見やすいといったメリットもあります。

そのほかにはよりリアルさを追求した手法もあり、リアリティがあればあるだけ多くの人の目を釘付けに出来るでしょう。
広告として用いれば多くの人からの注目を集められる点や、また商品の詳細さを忠実に表しやすいという部分も効果的になります。

他にも筆で描いたイメージのイラストタッチや水彩画風、色鉛筆などで描いたイメージのイラストタッチもあります。

マンガ制作においては、どのイラストタッチが世界観やアピールしたい商品、サービスにマッチしているかも見定める必要があるので、予めしっかりとした商品のイメージを持つことも大切となります。

おわりに

それぞれのアピールアイテムによって適切なイラストタッチが違い、結果としてマンガ広告のクオリティの高さに直結してきます。
イラストタッチにより与えるイメージは違ってくるので、アピールしたい商品やサービスに応じた種類を選定し、より良いマンガ広告を制作していきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。