マンガ制作のポイント~万人受けするタッチ~

タッチはマンガ制作における大切なポイントで、分かりやすく言うと絵柄のことを指します。
マンガ作品もアニメ作品も、そしてマンガ広告も基本的には不特定多数の多くの人に向けてアプローチするため、基本的には万人受けするタッチで描く必要があるでしょう。

流行している作品や広告成果を上げているマンガ広告は、基本的には万人受けしやすいタッチで描かれていることが多いようです。
そこで今回はマンガ広告の制作ポイントとして、万人受けするイラストのタッチについて解説します。

万人受けするタッチとはどんなものか

多くの人に受け入れられるマンガを作るためには、万人受けするタッチで描く必要があります。
そしてそのヒントは人気のあるマンガ作品やアニメ作品に隠されています。

一昔前に比べるとテレビで放映されるアニメ作品の数は減りましたが、今でもアニメ自体は人気がありますし、マンガも同様です。
万人受けという点においては、クセがなくて老若男女誰もが見やすくて理解しやすいタッチが望ましいでしょう。
中でもあまり瞳の描写を複雑にしない、こだわりすぎないという点が特徴です。 瞳にこだわると少女マンガ風になってしまうため万人受けすることなく、一部の人にのみ受けるマンガに仕上がります。

変にこだわりすぎずにあるべき姿を自然に描写するタッチが多くの人に支持されやすく、万人受けしやすくなります。
マンガ広告の場合も登場人物やアピールしたい商品を描く際には、こだわりすぎずにあるべきまま描くのが良いでしょう。

嫌われない描き方こそが万人受けするタッチ

特徴的な描き方をする漫画家は、特定のファンに人気があります。
ただマンガ広告の場合は一部のファンではなく不特定多数の人たちにアピールしなくてはならないので、何よりも万人受けが重要になるでしょう。

人物を描く際には誇張することなくありのままの姿を描くようにし、とにかく嫌われないタッチで表現することが大切です。

近頃はパンフレットやリーフレット、書籍の表紙などにもイラストが使われていますが、ほとんどすべてが万人受けするタッチで描かれています。

描き方だけではなく着色にも注意が必要で、鮮やかな色を用いて、色が変化する部分の境界線をボカさずにしっかりと描いている点も万人受けさせるためのポイントになります。

おわりに

万人受けするタッチでマンガ制作ができれば、より多くの人に適切にアピールできるようになり注目度も高められます。
この点を抑えて、マンガ広告を制作を進めていくと効果が期待できるマンガとなるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。