マンガ制作のポイント~学生向けのタッチ~

マンガの属性や特徴を左右するのがタッチですが、学生とそれ以外の層では好みが違うようです。
学生向けのマンガ広告、採用マンガを制作する際には、タッチに十分注意する必要があるでしょう。

イメージとしては作りこみ要素が強い作品が好まれているように感じますが、実際はシンプルなものが支持されています。
そこで今回は、マンガ広告の制作ポイントとして、学生向けのイラストタッチについて解説します。

学生世代が好んでいるマンガタッチについて

学生はデフォルメされた特徴的なイラストが好みのように思われているようですが、実際は異なっています。
他の世代と同様に、あまりクセがなくシンプルで実際の姿をとらえているタッチが人気を博しているのです。
むしろデフォルメされたものは一般的に敬遠される傾向にあります。

そして親しみのあるイラストの方が、よりストレートに学生に対して想いを伝達できるようです。
採用マンガは企業側の想いや伝えたい内容をしっかりと学生たちに伝える必要があるので、一般的なタッチを使い、自然に受け入れられる作品が良いでしょう。
それ以外にも、少し大人びたビジネスマン向けのマンガ作品のようなタッチの作品は好まれる傾向にあります。

また、丸みを感じさせるタッチは好感度が高く、親しみを覚えやすいようです。

マンガ制作においてはどのようなタッチを採用すべきかで悩むこともありますが、学生の場合も他の世代と同様にクセは少ない方が良いと言えるでしょう。

採用マンガの読者層を意識する

上記のように、万人受けするタッチは学生にも人気があることが分かりました。
しかしそれぞれの業種によっては特定の層にのみ情報伝達をしたいケースも見られるので注意が必要です。

基本的には男子学生と女子学生の両方にアプローチする必要があるため、男子目線に寄った作品や女子目線に寄った作品ではなく、中性的なタッチで描かれた作品がおすすめです。
中性的というとキラキラした作品をイメージする人もいるかもしれませんがそうではなく、男子学生、そして女子学生が見ても違和感を覚えない作品のことを指します。

採用マンガの場合は採用効果がかなり違ってくるので、読者層を意識したタッチでマンガを制作するようにしましょう。

おわりに

タッチの種類の選定はマンガ制作における重要ポイントですが、学生向けの場合もその他の世代と同様にクセのない作品がおすすめです。
中でも採用マンガの場合は、上記のような学生に好まれるタッチを活かすとより効果が期待できるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。