マンガとアニメの違い

マンガもアニメも小さな子供の頃から何気なく目にする機会が多く、日本人にとって馴染みが深いものです。
ただ両者は似ているようで、明確な違いがたくさんあるのが特徴です。

それぞれの特徴を知り目的に向けて活用すれば効果的です。
そこで今回は、マンガとアニメの違いとマンガ広告について解説します。

マンガとアニメには様々な違いがある

まず想定されるのが動きに関する違いで、アニメは分かりやすく動きを表現していますが、マンガの場合はコマ移動や移動線などを活用することで動きを演出しています。
よりリアルな動きを作るためにはアニメが有効ですが、広告作りの際にはあえてマンガが望ましいケースも見られます。

アニメは気軽に視聴することができ、勝手に話が進んでいくので理解もしやすいです。
それに対し、マンガは直接的な動きはありませんが、だからこそ読み手側がシーンを想像でき、それぞれ違った楽しみ方が可能になります。

他には音の有無も大きなポイントになります。
マンガの場合は「ガガガ」「ビヨーーーン」「ドドド」のような文字を用いて音を演出しますが、アニメの際には直接その事を挿入します。
想像力を掻き立たせるという意味ではマンガの方が魅力的で、アニメは音があまり印象に残りづらい可能性もあるでしょう。

直接的な表現なのか、それともマンガならではの文字を用いた表現なのかがマンガとアニメの最大の違いになるでしょう。

構図の違いもマンガとアニメの決定的な違い

日本のマンガは一般的に右から左へ読んでいくスタイルで、順番にコマを読み進めていきます。
それに対してアニメはテレビ画面に次々と場面が映し出されるのでコマの流れに沿った読み方をする必要はありません。

他にはマンガは視線を移動するだけですでに読み終わった部分を再度気軽に読めますが、アニメの場合は巻き戻しなどしなくてはいけません。
意外とアニメは融通が利きづらいという点から重要な部分が見落とされる可能性があるので、制作の際には注意するようにしましょう。
それに対してマンガは融通が利きやすいので、結果的にマンガ制作も行いやすく、成果もあげやすくなります。

おわりに

マンガとアニメを比較するとそれぞれのメリットやデメリットが見えてくるでしょう。
違いもかなり多く、音や動きの違い、構図や融通の聞きやすさも異なっています。
マンガ制作とアニメ制作、目的にあった方を選ぶことが大切です。

そしてマンガ広告を制作する際には、そのメリットを最大限に活かせるよう一緒に制作を進めていきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ