マンガ動画とマンガ広告

マンガ動画というジャンルの作品が誕生し、徐々に浸透しつつあります。
一見するとアニメのような作品ですがきちんと差別化されており、あくまで基本はマンガです。

浸透来ているとはいえ、比較的他社で使われていないこのマンガ動画をうまく活かすことができれば、今後のプロモーション活動において優位に立てるでしょう。
そこで今回は、マンガ動画とマンガ広告について解説します。

マンガ動画とは何か

一般的なマンガは紙に描かれてプリントされた作品を自らの意思で順番にコマを読み進めるものです。
しかしマンガ動画というのはそれぞれのマンガのコマが次々と自動で表示され、まるで動いているかのような錯覚を覚えさせてくれます。
当然アニメほど滑らかな作品ではありませんが、よりマンガを気軽に読みたいと思っている多くの人の思いをかなえてくれる存在です。

マンガ広告を使って広告宣伝活動をしたい場合、マンガは重要な役割を担いますが、自分の目で読み進めるのが面倒だと感じる人も中にはあります。
しかしマンガ動画であればパソコンでもタブレットでも、そしてスマートフォンにおいてもコマ送りなどをせずに自由に作品を楽しめます。

新たなマンガの形として普及してきており、インターネットの世界ではすでに大々的な配信がスタートしています。
これに乗る形で各社ともプロモーション目的でマンガを少し加工したマンガ動画を使用し始めてくるでしょう。
もちろんマンガ制作における難易度や手間は一般的なマンガに比べて高まってしまいますが、通常のマンガ以外にもマンガ動画を用意しておけば、需要を幅広く満たすことができ、より効果を期待できます。

マンガ動画の質を高めて効果を向上させる

単なるマンガのコマを自動化させるというだけではあまり目新しさはありませんが、シーンに合う音楽を付けたり絶妙なタイミングで飾り文字や適切なコマを表示させるとクオリティが高まります。
例えばひとつのコマに複数の吹き出しがある場合、登場人物が話す順に従って表示させることができれば読みやすくなりますし、リアリティを高められます。

マンガに対して苦手意識を持っている人からも、こだわりを持って作られたマンガ動画であれば支持を得やすくなり、レイアウトにも注意を払うことでマンガ広告を見る人を引きつけることもできます
ただしあくまでもアニメではなくマンガなのでマンガならではの良さを活かすことが重要なので、マンガ制作においてシンプルさを残すということは意外と重要です。

おわりに

マンガ動画はマンガ広告にも活かすことができるもので、特にパソコンやスマートフォンユーザーにとってはメリットも大きいです。
コマ送りのたびにクリックやスワイプをする必要がないのでマンガ広告としても見てもらいやすくなり、注目度も圧倒的に高まるでしょう。

マンガ動画、マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ