マンガ広告の依頼ポイント②

商品やサービスをアピールするために使用されるマンガ広告制作を依頼する際には、具体的な流れを知る必要があります。
事前の準備も不可欠ですし、マンガ家のレベルの高さも重要な意味を持ってきます。

そこで今回は、マンガ広告制作を依頼するに当たっての大切なポイントについて解説します。

制作におけるステップを知ることも依頼時のポイント

マンガ広告制作を依頼する際にはすべて任せておけば良いというものではなく、しっかりと事前準備を行っていればその分高いクオリティのものができ上がります。
具体的にどういった内容の広告にして欲しいのか、希望するテーマや流れがあるのであればまとめておく必要があります。

マンガを制作するにおいてステップを大きく分類すると5つに分けられます。
まずはマンガのもととなる原作作りを行いますが、そのためにはマンガ家に様々な事柄を伝えておく必要があります。
その際に上記の事前準備の結果が大切になり、これがしっかりとできれば理想的な原作ができ上がり、それぞれの商材に合ったアピールしやすい原作ができ上がるでしょう。

そして次にネーム制作が行われますが、これは一般的なマンガ制作においても行われます。
この段階で話の流れやボリューム、コマ分割についてなどを把握し、必要に応じて修正依頼を行いましょう。

マンガができ上がる流れを依頼者は知っておくべき

ネーム作りが終わると次にマンガ家が下書きを行いますが、このネームという作業はマンガの屋台骨的な存在です。
ですから下書きが終わると必ず確認をし、読み手目線でしっかりとチェックをすることを忘れてはいけません。

そして本格的な作画作業に移り、下書きではなく実線を入れてまた色塗りを行い完成させます。
着色を行うとイメージが変わることもあるのでその点には注意が必要ですし、確認は怠らずに行ってください。

以上の流れでマンガ広告制作が行われますが、業者に任せっきりではなく依頼者も常々携わることが素晴らしい作品作りには欠かせません。
そして良い業者選定も依頼をするに当たって見落とせないポイントです。

おわりに

マンガ広告制作を業者に依頼する際には数々のチェックポイントを押さえる必要があります。
中でも手順を知り、常に依頼者、そして読者目線を保ちチェックすることが大切です。
それによりより良い作品が出来、アピール効果の高いマンガ広告になるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。