マンガ広告の依頼ポイント③

マンガ広告は効果が高いと言われており、今ではWEBと紙媒体の両方で使われています。
ただ闇雲にマンガ制作を行えばよいのではなく、注意しなくてはならない点もいくつかあります。
考えなしにマンガ広告の制作を進めてしまうと、広告効果を発揮しにくくなったり、様々なトラブルに発展する可能性があるでしょう。

そこで今回は、マンガ広告を依頼するに当たって注意すべき点について解説します。

スムーズにマンガ制作を行えるように気をつける

すべての作業を業者に任せていると、作品が出来上がってから思っていった作品とイメージが違う…という事態になりかねません。
そうならないためには頻繁に内容のチェックなどを行う必要があります。 それによって修正点がある場合はすぐさま対応できますし、スムーズに作業が進むでしょう。
もしそういったチェックを怠ってしまうと、希望と違う内容になってしまうかもしれません。

だからといって希望を全部取り入れれば良いというわけではなく、様々な権利の侵害に気をつけなければいけません。
著作権や商標権など、あらゆる権利に注意してストーリー制作を行うようにしてください。
これらの権利に関するチェックもできるだけ早い段階で行い、トラブルが発生しないように注意しましょう。

マンガ広告制作において気をつけるべき点はたくさんある

知らず知らずのうちに内容を他の作品などから模倣している例も少なくなく、パクリ疑惑が発生する可能性もあります。
実際にパクリがあったとしてもなかったとしても、そういった疑いが出ることで自社の評価は下がってしまうでしょう。
何のためのマンガ広告なのかわからなくなってしまわないようにするためにも、オリジナリティという点には気を付けるようにしましょう。

その他にも模倣や権利の侵害はないものの社会通念上望ましくない表現がなされていないかも確認してください。
これがあると消費者の多くにマイナスイメージを抱かれる恐れがあり、逆効果となってしまいます。

マンガ広告はうまく活用できれば他の広告手段よりも高い効果が得られますが、上記のあらゆる点に注意しないといけません。
ですがこれらに注意して高いクオリティの作品を制作できれば、高い広告効果が得られるでしょう。

おわりに

マンガ広告を依頼する時には作品の出来栄えだけではなく、権利の侵害や社会通念上おかしい点がないかのチェックなどをしなくてはなりません。
またスムーズに制作を遂行するためにも、チェック体制の充実はしっかりと図るように心がけましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。