海外向けマーケティングとマンガ広告

グローバル化が進み、海外向けのマーケティングが不可欠な時代となりました。
様々な方法で欧米やその他の海外地域に向けたマーケティングが行われているのですが、日本が誇るマンガを活用するのもひとつの手でしょう。

ただし単純にマンガを使ったマーケティングを行えばよいわけではなく、いくつかの注意ポイントを押さえなくてはなりません。
そこで今回は、海外向けマーケティングとマンガ広告について解説します。

海外に向けたマンガ広告制作で気をつけるべき点は

日本国内でのマーケティング活動では頻繁に使われはじめているマンガ広告ですが、海外に向けたアピールの場でも有効活用できます。
日本の代表的な文化でもあるマンガを使う方法はとても有効で、従来の方法とまた違ったアプローチが可能となるでしょう。

必ずしも英語をはじめとした外国語が必要というわけではありません。
マンガの場合は、イラストやコマの流れがあるおかげで言葉がわからなくてもストーリーが理解しやすいですし、簡単なレベルの英語をはじめとした外国語を使うだけでも良い作品になります。
英語ができないから海外に向けたマーケティングでマンガが使えないと考えるのは非常に勿体なく、機会損失をしていると言っても過言ではありません。

日本ならではの特徴を活かすことができるマンガ広告と自社の自慢の商材を掛け合わせて、積極的に海外に向けたマーケティングを行いましょう。

注目されやすいマンガ広告を作る

それぞれの国々によって文化が異なるため、興味をもたれるストーリー内容が異なります。
マーケティングを行う国によって異なっている特徴を事前調査によって把握し、それをマーケティング目的のマンガ広告に反映させましょう。

それに加えて日本ならではの伝統や文化をはじめとした特徴をうまくマンガに反映させれば、より大きな効果が得られるでしょう。

また、注目されるためには実際に海外向けのマーケティングで成功している事例を確認し、参考にすることも大切です。
そのためには情報収集が欠かせませんし、登場するマンガキャラクターの個性も国々によって描き分けましょう。

おわりに

マンガ広告は国内だけでなく海外においても有効な手段であり、マーケティングの武器になります。
ただし海外に向けたマンガ制作の際には国によって異なる特徴を把握することが大切で、成功事例を参考にすることも欠かせません。
これらを踏まえた上で、海外向けのマーケティング戦略の一環としてマンガ制作を取り入れてみてはいかがでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。