外国人集客のためのSNSとマンガ広告

今や外国人に対しての集客活動も必要不可欠な時代となりましたが、そのための方法はいくつか存在しています。
SNSは様々ある方法の中でも効率的で、かなりの宣伝能力を秘めています。

日本だけでなく海外においてもSNSは流行しており、インターネットの場合は国境関係なく拡散が可能なためSNSを活用した集客はとても重視されます。
そこで今回は、外国人を集客するためのSNS戦略とマンガ広告について解説します。

SNS媒体の選択が大きく影響する

SNSは多種多様なものがあり、日本国内だけでもあらゆるサービスが利用されています。
日本国内と海外ではそれぞれのSNSにより人気度が異なっているので、それらを踏まえた上で媒体を選択しなくてはなりません。

やはり日本国内でも海外でも人気がありアクティブユーザー数が多い媒体がおすすめであり、近年ではinstagramの台頭が目立ってきました。
instagramは国内外でユーザー数が多く、写真を用いて投稿するので外国人の興味を引きやすいことから、拡散力が非常に高い媒体となっています。 写真が主役のSNSは、言葉が分からない国の人に対してもアピール力が高いため、instagramは外国人に向けた集客活動において不可欠といえるでしょう。

その他の媒体としては、Facebookも効果的です。
日本国内では以前に比べ勢いが衰えたとはいえ、全世界的に見るとまだまだユーザー数はトップであり、様々な形で活用できる点が魅力です。
実際にFacebookを使って外国人観光客の集客に成功しているケースも多々見られます。
そしてそれに加えてマンガ広告も有効利用できれば、他社との差別化にも繋がり非常に大きな強みとなるでしょう。

その他にもツイッターなどもおすすめですし、Pinterestなども集客目的で活用できそうです。

提供する情報の内容について

当然外国人は日本語が分からない人が多いので、写真やマンガなどでアピールすることが望ましいです。
一見するだけで当該サービスの魅力や特徴を理解してもらえるようなコンテンツであることが重要となるため、その手法として写真やマンガ広告が用いられています。

日本を代表する文化のマンガを使っていると海外の人たちにとって新鮮に映り、大きな興味を抱いてもらえます。
写真とマンガ広告のコンボにより分かりやすく、なおかつインパクトのあるコンテンツ作りができるでしょう。

利用者が求めている情報を先読みして、そういった情報もうまく提供することが何よりも大切です。
他にはないオリジナリティ溢れたコンテンツ作りができれば、外国人集客しやすくなるでしょう。

おわりに

SNSは今や当たり前の存在となったため、これをいかに上手に使うかで集客能力が変わってきます。
外国人の集客のためにはオリジナリティ溢れる魅力的なコンテンツを作り提供し、写真やマンガ広告も併用することが望ましいでしょう。
SNSの利用自体は無料ですので、これを機にマンガ広告を活用した広告活動を始めてみませんか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。