多言語対応!海外に向けた”コミック動画”の魅力とは?

ビジネス活用

今回は、海外に向けた広告戦略を紐解くにあたって、海外から見た日本のイメージ・特徴から導き出す「コミック動画」の魅力についてご紹介いたします。

日本のマンガ・アニメは海外にとって今や身近な存在

インターネットの登場以前から、世界では日本のアニメが放映されていましたが、現代では世界中の人々がいつでもどこでも日本のアニメ・マンガコンテンツを購入・閲覧し楽しむことができるようになりました。

その結果、実際に日本に訪れたことがない方でも、日本のアニメやマンガは国の距離関係なく”身近な存在”になりつつあります。

“身近”と同時に、文化のイメージとして長く定着してきた「アニメ・マンガ」は、時にビジネスアピールとして自社のサービスを「わかりやすく・魅力的」に伝える術になります。

1つのコミック動画を多言語化!”マンガで魅せる”とは?

実写やアニメに比べコストは安く、吹き出しの中の文言を差し替えることで多言語対応できることがコミック動画の強みです。
また、冊子とは違い、ネット配信を使いスマートフォンで手軽に閲覧できることや、現地のテレビでループ放映するなど、用途の幅は様々です。
ストーリー性を持たせることで、よりわかりやすく・魅力的にサービスを紹介できるコミック動画を、活用してみたはいかがでしょうか?

コミック動画の制作にご興味のある方は、是非マンガファクトリーにお気軽にお問い合わせください!