外国人採用のためのマンガ制作のポイント②

外国人の労働者を採用するということはプラスに働くことも多いですが、気を付けなくてはならない点もあります。
国によって文化や常識が異なっていることを理解する必要がありますし、当然日本国内で働いても良いかどうかの確認も必須です。

その他にも日本人を採用する際には必要のない手続きなども行わなくてはならないので、注意してください。
そこで今回は、外国人労働者を採用する際に注意すべきポイントについて解説します

日本人と外国人の常識の違いを理解する

従来の考え方をもとにした採用活動はあくまでも日本人に向けた方法であり、外国人に向けたものとは言い難いです。
しかし外国人は日本人とは異なった文化のもと生活し、当然常識も日本人とは違ったものがあります。
だからこそ外国人採用の際や雇用後に様々な問題が起こるケースも見られます。

そこで常識や文化、習慣などが異なることをあらかじめ把握しておけば、受け皿となる企業側も手が打ちやすいでしょう。
マンガ広告を使い、外国人に向けて日本における常識をやさしく説明すれば採用段階やその後のトラブルも未然に防ぐことができます。

特に日本は外国ほど宗教に熱心ではありませんが、外国人の中にはとても熱心な人たちもいます。
そういった人たちの考えを理解することも必要ですし、逆に日本人が大切にしている習慣や常識をマンガを通して理解してもらうことも不可欠でしょう。

日本語能力や法的に問題がないかを確認すると

日本で勤務するということは日本語での会話がある程度できなくてはならないでしょう。
ですからある程度の日本語能力が求められます。
ただ、採用しようとしている外国人にそういった日本語能力があるのかどうかを測定する必要もありますが、同時に企業側でも外国人に向けたフォロー体制を作ってあげることも忘れてはなりません。

恐らく外国人にとっても言葉の問題は非常に大きく悩みの種になっていると考えられます。
そういった不安を取り除く手段として、マンガは非常に効果的です。
読みやすいマンガを通して事前に会社のことに関して伝えるようにしておけば、採用後のミスマッチを防ぐことが出来るでしょう。

おわりに

外国人採用が欠かせない世の中になり始めていますが、マンガ制作によりスムーズな採用が可能になります。
気を付けなくてはならない点がいくつもあるのですが、マンガにより防ぐことができる部分も多々あります。
マンガを活用し、より効果的な外国人採用をしていきませんか。

外国人向け採用に活用できるマンガ制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。