マンガ制作のポイント~ストーリーの組み立て方~

マンガ制作の要といって良いのがストーリーの組み立て方です。
ストーリー次第でマンガ作品は良く悪くもなり、大きくクオリティを左右します。

これはマンガ広告においても同じで、いかに目的を上手く伝えられるかによって広告の効果が変わってくるでしょう。
そこで今回は、マンガ制作におけるストーリーの組み立て方について解説します。

ストーリーのテンポを考えて構成する

ストーリーの流れ自体は魅力的であっても、テンポが悪いと良くない作品に仕上がってしまいます。
読みにくくなってしまい何を伝えたいのか分からず、さらに読む気を失わせてしまうでしょう。

例えば本来なら1ページで十分の展開に5ページくらい費やしていると明らかに無駄になってしまい、テンポが悪くなってしまいます。
マンガ作品全体のバランスが崩れてしまい、起承転結をうまく伝えられなくなる恐れもあるのでテンポの良さはストーリーの組み立てにおいて欠かせないポイントです。

そしてストーリー性を高めるためには、展開の流れを動機づける説得力が必要不可欠となります。
よく分からないまま展開が進む…ということもありますが、そういった作品はあまり評価されません。
しかし説得力ある理由づけがなされた上でストーリーが展開していけば、作品としての骨格がしっかりし、高評価を得やすくなるでしょう。
これを行うためにはマンガ制作を始める段階で様々なことを考えていて、クオリティの高い展開を想像している必要があります。

読者に興味を持たせるためには試練が有効

主人公が万能的な力を持っていてどんな問題もささっとクリアしてしまえばあまり面白さは感じません。
ですが何らかの試練を与えて努力をしたりして乗り越える展開にすることにより、マンガ作品に深みを持たせられます。

登場人物が成長していく過程を試練も交えて表現できればより効果的で、読者がマンガに登場している登場人物に対して共感しやすくなります。

マンガ制作は読み手のことをきちんと考えた上で行うことが理想で、逆に自分の都合で作ってしまってはあまり効果的とは言えません。
ターゲットを特定の層に絞り込む場合はそれでも問題ない場合もありますが、より多くの人に支持されるには自己満足ではなく、読者が納得できるストーリーの組み立てを行うことこそがマンガ制作における重要ポイントになるでしょう。

おわりに

マンガ作品のストーリーの善し悪しによって質の高さが大きく異なってきます。
マンガ制作のポイントとしてテンポを意識したり、登場人物に対して試練を与えることも大切でしょう。
ディレクターに全部任せっきりにするのではなく、一緒に読者の気持ちを考えてストーリーを作っていきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。