マンガ制作・依頼のポイント③

マンガ制作を発注依頼する際には注意しておきたいことは複数あります。
マンガの中に掲載して欲しい内容は様々あるかもしれませんが、重要度の高いものをより目立たせるためにも詰め込み過ぎるのはNGです。
本当に読み手に対して伝える必要があり、プロモーション効果として成果が上がる情報を重点的に作り手に伝えることがポイントとなります。

そして理想的なマンガ作りが捗るような資料などを制作側に共有できるよう準備ができれば、より良いマンガ制作となるでしょう。
そこで今回は、マンガの発注依頼の際に知っておくべきポイントについて解説します。

本当に必要な情報を精査する

マンガ制作をする場合、効果を高めるために商材の特徴や魅力など、たくさんの内容を掲載して欲しいと思うかもしれません。 もちろん長編マンガであればそれでも問題ないでしょう。
しかし、マンガ広告という比較的短編でまとめられたマンガにおいては、詰め込み過ぎにより見にくいマンガになってしまう恐れがあります。
そうならないためにも、本当に読み手にとって必要な情報を精査して制作側に情報提供するようにしてください。

様々ある情報の中にも、重要度が高いものもあれば低いものもあります。
さらにプロモーションに効果的な内容もあれば直接的には関係のない情報もあるでしょう。
それらを把握して本当に必要とされる情報だけを提供し、より効果的なマンガ広告の制作を進めていきましょう。

マンガ制作を依頼する側としてはついつい多くの情報の掲載を希望するものです。
ただ自分が消費者になったつもりで考えてみると、おのずと掲載すべき情報は見えてくるのではないでしょうか。

アピールしたい商材をイメージしやすい情報の提供

マンガ制作の依頼をした場合、制作側はアピールしたい商材の情報をあまり知りません。
ですから具体的にイメージできる詳細情報や画像、場合によっては商品そのものを提供する必要があります。
こういったことにより、アピールしたい商材の情報を明確にマンガ化でき、消費者も理解しやすい内容が出来上がります。

商品やサービスの必要情報が不足していると、マンガが出来上がった際思っていたものと違う…といった思いが発生しかねません。
これは依頼者側作り手側両方にとって良くないことなので、アピールする商材をうまくイメージできる情報を伝えるようにしましょう。

おわりに

マンガ制作の依頼において、ポイントにはいろいろとありますが、必要な情報を精査して伝達する、そして作り手がアピール商材をイメージしやすい情報も提供することは欠かせません。
それが出来れば結果として、プロモーション効果を高めることにも繋がります。
逆に制作側はマンガ広告においてのポイントを把握しているわけですから、お互いの知識や情報を活かしながらより良いマンガ広告を制作していきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。