マンガ制作のポイント~見やすいコマ割り~

マンガ制作は非常に奥深く、読み手のことを考えて作る必要があります。
作り方次第で出来栄えが異なり、宣伝効果にも影響が出てくるでしょう。

内容に応じた形でコマ割りを行うことが求められ、適切な形でコマ割りができれば読みやすさだけでなく成果もアップします。
そこで今回は、マンガ制作において大切なポイントの見やすいコマ割りについて解説します。

見やすいコマ割りの種類について

コマ割りというのはいくつか種類があり、まず挙げられるのは右から左に読み、さらに上側から下方向に読んでいくというものです。
これは多くのマンガ作品で活用されている方法であり、読み手も日常的に読み慣れているでしょう。
読む側が特に迷うことなく自然にストーリーを理解できるので、作り手が伝えたい情報を的確に伝えられます。
読むべきコマの順番を間違えないように読み手の視線を誘導することは重要ですので、コマの流れは意識するようにしてください。

またそれぞれのコマ同士のスペースも、その間隔次第では読み手を混乱させてしまう要因になるでしょう。
読む順序に応じた形でスペースの幅を調整することができれば、読み手はおのずと自然な形で読み進められます。

コマ割りで気を付けたいことは多数ある

上記の他にもコマ割りで気を付けなくてはならないことはいくつもあり、特徴的な形のコマはできるだけ避けましょう。
もちろん重要なコマを目立たせるために使うと効果的ですが、たくさん使い過ぎるととてもややこしくて読みにくくなります。

そしてコマ割りの際にあまりにも多くコマを設けてしまわないようにも注意しましょう。
コマ割りについて考える場合は1ページ単位というよりも見開きの2ページ全体でコマ割りの全体像を確認してください。
整っていれば作品としてもクオリティが高まり、マンガを読んでみようという気も起きやすくなります。

宣伝目的でマンガ制作をする場合はそもそも見やすくないと読んでもらいづらくなってしまうので、コマ割りは想像以上に重要なポイントとなります。

おわりに

マンガ制作のポイントは様々ありますが、コマ割りに関するポイントを抑えた上で見やすいマンガ制作を進めることは、宣伝効果を高めるためにも不可欠です。
時には奇をてらうことも必要ですが、読みやすいマンガにするためには基本に準じた形で読み手を意識した方法を用いると良いでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。