マンガ制作のポイント~印象に残るコマ割り~

読みやすさが基本的に重視されるコマ割りですが、読み手に対してインパクトを与えることも大切です。
宣伝において商品やサービスの特徴を読み手に強烈に伝えられるというのは大きなプラス材料ですが、これは印象に残るコマ割りによって作られます。

ただコマ割りはとても難しく、失敗してしまうと逆効果になりかねません。
そこで今回は、印象に残るコマ割りについて解説します。

マンガ制作と印象に残りやすいコマ割りについて

マンガを読む際にはコマの順番に従って読むのが一般的であり、通常のマンガは基本に忠実に作られています。
ただ特別インパクトを与えたい際には、圧倒的迫力を与えられるメリハリの効いたコマ割りやひとつのコマを2ページにわたって掲載することもあります。
少年漫画においてよく見られる手法ですが、少し通常と違うことをすればやはりとても印象に残りやすくなり、そこに描かれている内容は頭にインプットされやすくなるでしょう。

宣伝効果を高めるためにはいかに相手の頭に印象に残せるかがキーになってきます。
これはマンガだけではなくテレビCMやWEB広告においても同様であり、いろいろな方法で工夫がなされています。
マンガの場合にはインパクトのある背景などを用いて印象に残る演出が可能で、中でもコマ割りはマンガの流れを左右する存在なのでとても重要です。

あまり多用するのはNGですが、変形コマを使うこともおすすめです。
変形コマは本当に印象に残って欲しい部分に用いるとより効果的でしょう。

コマ割りの工夫で印象に残す

多種多様なやり方で印象に残し、広告宣伝効果をアップさせるというのも良い方法です。
中でも上記のようにコマ割りは特に重視しなくてはならないポイントなので、掲載内容やマンガを読むターゲット層に応じた形でインパクトも生み出してください。

内容によって工夫の方法は異なってくるので、早い段階でそれを頭に入れ検討しましょう。

よく用いられるのがいわゆるタチキリとも呼ばれる手法や見開きカットで、これらもとても目を引きます。
他のページとは違い特定のページにのみ特徴的なコマ割りを行えば、メリハリによってその効果は爆発的なものとなるでしょう。

おわりに

プロモーション目的のマンガ制作は、いかに印象に残ってもらうかが鍵になります。
具体的にどういった目的でどのようなマンガを制作するかによっても、工夫の方法は変わってきます。
掲載内容やターゲットを意識し、適切な形で印象に残るコマ割りを行いましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。