マンガ制作のポイント~イラストの構図~

マンガ作品のクオリティを高めるためには、イラストの構造にも注意しなければなりません。
特に何も考えずにイラストを描いてしまうとバランスが取れませんが、構図を意識して描くと読者目線を大切にした作品に仕上がります。

読み手に特に見て欲しい部分を目立たせるためにはいくつかの方法があり、特に宣伝目的でマンガ制作をする際には押さえておきたいポイントのひとつです。
そこで今回は、マンガ制作における大切なポイントのイラストの構図について解説します。

自然なイラストにするためにも構図が不可欠

マンガにとってイラストはなくてはならない存在であり、たくさんの情報量を有しています。
プロが描いたイラストの場合、何気なく描かれているようでもある構図に注意されていることが非常に多いです。

例えば三角構図という方法を用いることによってコマの中のバランスがしっかり取れるようになり、より自然な感じを演出できます。
またこの方法は人物などを立体的に見せる効果も有していて、奥行きのあるイラストに仕上げてくれるでしょう。

そして複数人の登場人物をひとつのコマに描く際には、均等に配置する方法もあれば、1人により注目させたい場合に行うジグザグ配置なども使われます。
これにより全体的なバランスを損なうことなく、自然に見て欲しい部分に注目してもらうことができます。

やはり自然なイラストこそがマンガ制作においては不可欠なため、構図を意識することは何よりも重視すべきです。

アングルを意識することで世界感を変える

マンガ作品だけではなくテレビ番組なども同様ですが、見せるアングルを変えることによって、全く違った世界感を表現できます。
例えば正面から登場人物を描く場合と例えば斜め下から描く場合とでは迫力も違えば、インパクトも異なってきます。
ストーリーの流れやアピールすべきものによってアングルを変更することも忘れてはなりません。
アングルに注意することで立体感を出せ、またそのシーンにおける全体的な状況を読み手に伝えることもできるでしょう。

アングルを少し変えるだけでもコマの中の構図は様変わりし、読み手に対して適切な形で表現できます。

おわりに

マンガ制作におけるポイントのひとつにイラストの構図に関するものがあります。
より自然に、そしてバランスを重視するためには構図のこだわりが不可欠であり、またアングルも変化させれば違った世界感を生み出すことができます。

何を、誰を目立たせたいのか、どのように伝えたいのか。
制作を進めていく中で、様々な部分でその目的が重要となってきますが、イラストの構図においても意識して確認するとより良いマンガとなるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。