マンガ制作のポイント~印象的なシーンを作る~

マンガで何かしらの商品やサービスをアピールしたい際には、読み手の心に届けることが重要です。
そのためにも印象的なシーンを設けることが求められますが、これができれば心に届きやすく、なおかつ記憶に残りやすくなるでしょう。

マンガ広告においても印象的な場面は有効であり、正しく用いることが出来ればより高い効果が期待出来ます。
そこで今回は、マンガ制作のポイントの印象的なシーン作りについて解説します。

インパクト重視という考え方

マンガにはストーリーがありますが、それが展開していく中で必要なシーンとそうではないシーンがあります。
しかし、特に必要がなかったとしても、インパクトやビジュアル効果のために印象に残るシーンを作ることがあるのです。
これは一見すると無駄に感じるかもしれませんが、インパクトを重視するとマンガの内容も記憶し続けやすいという効果があります。
何かを読み手に伝えたい場合や商品やサービスをプロモーションしたい際にはこういった戦略も不可欠となり、実際にインパクト重視でマンガ制作を行う例も多いです。

やはり印象的なシーンがあると読みたい!という気分にもなり、広告効果も格段に高まる可能性があります。
どういった形でシーンを表現するのかはマンガ家にとって腕の見せどころでもありますが、依頼する側として最低限、目的やイメージと合っているのかをしっかりと確認するようにしましょう。

ビジュアルに注力することで印象的なシーンになる

単調なコマの流れでストーリーが進んでいき、特に何事もなく話が終了するよりも、どこか目立たせたいシーンのビジュアルに力を入れることがおすすめです。
ビジュアルにこだわりを持ち、他のコマのイラストと全く違った形で描くことができれば印象的なシーンは自然とでき上がるでしょう。

もちろんストーリー次第で印象的なシーンを作ることも可能ですが、より大きな感動やインパクトを与えたい際にはイラストでの工夫も求められます。
イラストはマンガが持つ大きな強みなので、それをうまく活用しない手はありません。

しかし、印象的なシーンを作りたいがためにストーリーをねじ曲げてしまったり、マンガ作品に全く合わない描き方になっていないかは注意して見るようにしましょう。

おわりに

マンガ制作でいかに印象的なシーンを作れるかがより良い作品かどうかの分かれ目になってきます。
印象的なシーンはストーリーの工夫によってもつくられますが、せっかく絵があるマンガ広告ですからイラストによって印象的なシーンを作ってみてはいかがでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。