マンガ制作のポイント~共感できる主人公に~

読み手にマンガをただ読んでもらうだけではなくて、ストーリーやイラストなどを通して共感してもらえると、広告としてより高い効果が期待できるでしょう。
一般的なマンガ作品においても、そしてプロモーション目的の作品であってもこれは非常に重要で、共感があるからこそ最後まで読んでもらうことができます。

中でも主人公はマンガの中心的な役割を担うので、ターゲット層を意識した人物像を作り、また共感要素も含めることができれば、商品やサービスに対する好感度も上がるでしょう。
そこで今回は、マンガ制作のポイントでもある共感できる主人公について解説します。

主人公の想いを読み手が理解できるように

例えば自社の商品やサービスを宣伝するためにマンガ制作を行う場合、主人公はそれらを使用する立場になります。
読み手が主人公に共感し、感情移入できれば作り手の思いが届きやすくなります。 そのためには分かりやすい形で主人公の想いを表現し、しっかりと読む人が理解し想いを共感できるような内容でなくてはなりません。

まず、主人公は特に重要度が高いため、人物像を考える際にはターゲットユーザーの人物像を洗い出してその人たちが共感しやすいような主人公に仕立て上げましょう。
結果として読み手が主人公の想いをしっかりと理解しやすくなりますし、こういった手法は古今東西様々なマンガにおいて活用されています。

共感ポイントの作り方とマンガ制作

共感するポイントは上記のようにターゲットユーザー層を洗い出すことによって可能になりますが、その他にもアンケートを取るという方法もおすすめです。
その共感内容によって読み手の意識は変化し、主人公に対する気持ちも変わってきます。

通常は主人公の気持ちはマンガストーリーの中で徐々に変化するのが一般的ですが、こういった人間らしい変化こそが共感に繋がるのです。
まず最初に主人公に対して果たすべき目標を明確に示すことで、目的をマンガストーリーの中ではっきりさせられます。
その目的を達成するためにいかにして行動するのかを考えれば、おのずと共感ポイントに近づくことができます。

おわりに

マンガ制作は様々な工程によって行われていて、こだわられている部分もたくさんあります。
特に主人公の重要度が高いので、マンガを読む人たちが主人公に対して共感できるように工夫をすることが必要です。
マンガ制作のポイントの中でも共感できる主人公作りは、広告として活かせれば会社や商品のファン獲得にも繋がりますので、マンガ広告の制作の際には力を入れて考えましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。