マンガ制作のポイント~読みたい、と思わせる~

マンガをせっかく作ったとしても、読みたいと思ってもらえなければ読んでもらうことはできません。
制作した意味がなくなってしまいますし、プロモーション効果も期待できなくなります。

せっかく制作したのに読んでもらえなければ、これまでの時間や費用がもったいないです。
そうならないためにも、何とかして読み手に対して興味を持たせることが重要でしょう。
そこで今回は、マンガ制作において大切なポイントでもある読みたい、と思わせる方法について解説します。

興味をそそることがとても大切

マンガを読むか読まないかは読み手の自由なので、そもそも興味がなければ読もうとはしません。
ではどのようにすれば読み手は興味を抱き、読んでみようと考えるのでしょうか。

まずは登場人物のイラストや背景などにこだわってみることが大切で、面白そうだという感情を与えられればOKです。
マンガは何よりも先にイラストが目に入るため、「イラストも楽しそうだし少し読んでみようかな」といった予感を作るようにしましょう。

イラストだけではなくて最後まで読んでもらうためには魅力的なストーリーの流れも必要になってきます。
特に目的がなくストーリーが展開していくのではなく、主人公が何らかの悩みなどを解決するために行動する、という部分を設定すると感情移入しやすくなります。
読み手が登場人物に感情移入しやすい内容、展開であればあるだけ読みたいと思ってもらいやすくなります。

他には読み手が想像できないような摩訶不思議な流れを組み込むことによって興味をそそり、読みたいと思わせられるようになります。
誰しもが知的欲求心を持っているので、想像もつかないミステリー的な要素があれば実際にマンガを読んで内容を確認しようとします。

自分にメリットがあると思わせる

マンガを読むことで自分自身にメリットがあると分かれば大抵の人は読み進めてくれます。
例えば掃除嫌いな人に対して簡単に掃除ができるグッズを分かりやすくマンガによって表現できれば、読み手は自分にメリットがあると思い興味をそそられます。
そのメリットというのはアピールしたい商品やサービスによって異なってくるため、読み手が何を求めているのかを探る必要はあります。
メリットを見せ、さらにストーリーの中に驚きの要素を加えることでより引き付けることが可能です。

マンガ制作において読みたい、と思わせることは最も重要なことで、上記のような工夫をすることで魅力溢れる作品に仕上がるでしょう。

おわりに

マンガ制作は単に作品を作るだけではなく、読み手に対して読みたいと思わせなくてはなりません。
これは広告においても同様で、そのためには興味をそそるイラストやストーリーを用いることになり、また自分にメリットがあると思わせることが大切です。
マンガ広告の制作を依頼する時にはこれらの点を注意して進めるようにすると、より効果的なマンガ広告が出来上がるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。