マンガ制作のポイント~短編漫画の7つのコツ①~

短編漫画はマンガ広告として各媒体に掲載しやすく、宣伝目的で用いられることも多くみられます。
複雑な背景設定が不要なため、より端的に商品やサービスの魅力を伝えることが出来るでしょう。

とはいえ、深く考えずに制作を進めてしまうと、思っていた効果が得られない場合もあります。
そのためにも制作において重視すべきポイントをあらかじめ抑えておき、質の高いマンガにしましょう。
そこで今回は、短編漫画作りに関する7つのポイントのうちの2つについて解説します。

登場人物の魅力次第で作品の面白さは変わる

マンガ作品を構成する要素は登場人物(キャラクター)、ストーリーなどいろいろとあります。
その中でも、登場人物が一体どのような特性を有していて、作品の中でどんな働きをするのかという点は重要視されるでしょう。
ある意味ではストーリー以上に重視されるケースも見られ、登場人物の人気がマンガ作品の人気に直結するといっても過言ではありません。

まず気を付けなくてはならないのが読み手がどのようなターゲット層かという点です。
通常のマンガの場合、作品自体にファンができることももちろんありますが、特定のキャラクターに対して愛着を持ちファンになるというケースも見られます。
マンガ広告の場合は宣伝したい商品やサービスを利用するのはどういった人たちなのかをしっかりと調べた上で、マンガに登場させるキャラクターを設定しましょう。
ターゲット層に応じた人物設定をすることで、登場人物に共感や興味を持ってもらい、プロモーションに繋げることができます。

短編漫画は広告目的で利用する場合にちょうど良い長さのストーリーになるので、キャラクターに関して注意しより良い作品を制作しましょう。

短編漫画と登場人物の関係性

短編漫画といえば数十ページ構成で作られ完結する作品のことを指し、商品やサービス、企業自体を紹介する際に作られることもあります。
パンフレットやカタログなどに用いられることも多く、今ではWEB上でも公開されています。

登場するキャラクターは短編漫画において重視されますが、その中でも特に主人公が作品の中ではどういった目標を用いて達成するのかがポイントになります。
マンガ広告を用いて宣伝をする場合でも基本的には主人公が悩みや何らかの目標を抱え、それに向かって努力などをし解決していきます。
いかにして問題解決を図るかという部分において宣伝したい商品やサービスをうまく用いるようにしましょう。
例えば、主人公が勉強がわからなくて困っているという描写があれば、分かりやすい勉強アプリサービスを登場させて問題解決を図るという形です。
単純にアピールしたいアイテムを登場させるのではなく、うまく登場人物と関連させることができればアプローチしやすくなります。

おわりに

短編漫画の制作ポイントには登場人物に関するものが多くあります。
ストーリー以上に重要度が高いといってもよく、広告宣伝したい商品やサービスに関しても登場人物と作品中でうまく連携させることが重要です。
どのような人物であれば商品やサービスの魅力を上手く伝えられるかを考えて、制作を進めていきましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。