キャラクターマーケティングとマンガ制作

近頃、人間ではなくキャラクターを使った宣伝戦略が頻繁に行われるようになってきました。
特にゆるキャラブーム以降はその傾向が強く、今ではキャラクターマーケティングが当たり前のように行われています。

マンガ広告の場合、特に親しみを持たせることも必要となるのでこのマーケティング方法は非常に有効でしょう。
そこで今回は、キャラクターマーケティングとマンガ制作について解説します。

キャラクターマーケティングはマンガの世界でも有効

キャラクターを使うことにより商品やサービスの宣伝を行う方法をキャラクターマーケティングと言いますが、独自の個性の強いキャラのおかげでアピール効果が大きく高まります。
デザインにもよりますが、キャラクターは多くの人にとって受け入れられる傾向にあり、たとえプロモーション目的であったとしても好意的に捉えてもらえることが多いようです。
その傾向が強まってきていることから、人間が商品やサービスの宣伝をする場合に比べて効果が高いと言っても過言ではない方法になりました。

人間が直接的に宣伝に携わると、選出されたタレントによっては商品に対して良くないイメージを与えてしまう可能性があります。
良くも悪くも宣伝しているタレントに依存する形となっているのです。
キャラクターを活用すれば、受け手の好みに左右されることはありますが、キャラクターに対する先入観はほとんどないので、その点は安心でしょう。

また、そのキャラクターの知名度が高まればマーケティング効果が飛躍的に高まるだけではなく、場合によっては企業の顔として利用できるようになります。
あらゆる目的で利用でき、なおかつ長期的にアプローチしやすくなる点も魅力です。

マンガ広告でもキャラクターは不可欠な存在なので、より愛されるキャラを生み出したいところです。

オリジナルキャラクターか既存のキャラクターかの違い

あくまでもキャラクターマーケティングはキャラクターを利用するというものであり、オリジナルか否かは問われません。
オリジナルキャラクターを用いる場合は新たに作り上げる必要がありますし、逆に既存のもの(所有権を有していない)を使う場合は使用するための権利を取得する必要があります。

オリジナルキャラクター作りは簡単ではありませんが、軌道に乗ればとても利用しやすいものです。
逆に既存のキャラはあくまでも所有権は他者が有しているので利用するまでに様々な手続きが必要な場合もあります。
ただ既存キャラの場合はすでに高い知名度を得ているものを宣伝目的で使用できるため、オリジナルキャラに比べて大きな早い段階での成果が期待できるでしょう。

マンガ広告として活用する場合、基本的にはオリジナルキャラクターを導入するのがおすすめであり、ターゲット層に受け入れてもらえるようなデザインが求められます。
優れたキャラクターを生み出すことができればマンガ制作がよりはかどりやすくなることは間違いありません。

おわりに

キャラクターマーケティングとマンガを組み合わせることで爆発的な宣伝効果を生み出せます。
特にオリジナルキャラを使ったマンガ広告の場合は多種多様な場で利用でき、長期的にマーケティング効果を高められるでしょう。
マンガ広告の制作の中でオリジナルキャラクターが作れれば、一石二鳥でもあるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。