オリジナルキャラクターの制作で気をつけるべきこと②

オリジナルキャラクター制作を行うことで、自社の認知度や好感度のアップを狙うことができます。
しかし制作において気をつけるべき点があり、それを理解していないと様々なトラブルが発生してしまうかもしれません。
それを防ぐためにも、注意点を意識したオリジナルキャラクター制作が不可欠になります。

そこで今回は、オリジナルキャラクターの制作で気をつけるポイントについて解説します。

類似キャラクターに注意する

キャラクターというものは世の中に数え切れないほどあるので、知らず知らずのうちに似てしまうこともあります。
少し似ているというのはよくあることかもしれませんが、余りにも似すぎていると不自然ですし、マネをしていると思われてしまうでしょう。
相手先企業から苦情が来る場合や法的措置を取られるケース、さらに自社の評判を下げてしまう可能性も出てきます。
認知度や好感度を高めるためのオリジナルキャラクターでそのような問題を起こしてしまっては、元も子もありません。

そういったことを防ぐためにも、世の中にあるすべてのキャラクターに目を通すことは不可能ですが、デザインを行って公開する前には関係者全員で類似しているデザインのキャラクターがないかをチェックするようにしましょう。

様々なパターンのオリジナルキャラクターを展開する

キャラクター戦略で成功確率を高めるためには、1種類だけのデザインを使用するのではなく継続的に複数種類のデザインを世に送り出すことが大切です。
例えばオリジナルキャラクターが笑顔でピースをしているデザインだけでは飽きられてしまいますし、発展性がなくなってしまうので、手招きをしているデザインやウインクをしているデザインなど次々と展開することが必要です。

広告を見る人たちも同じようなデザインばかりでは飽きてしまいますし、なかなか結果に結びつきにくくなります。
本当にオリジナルキャラクターを育てて有効利用していこうと思っている場合は、様々なパターンのオリジナルキャラクターを作ることがおすすめです。
そうすることによって注目度が高まり、マンガ広告を見ている人も飽きにくくなるでしょう。

おわりに

オリジナルキャラクター制作では他のキャラクターに似すぎていないかのチェックをしなくてはなりません。
その点をクリアした後も、さらに次々と異なるパターンのキャラクターデザインを生み出すことも求められます。
キャラクター戦略を成功させるためには制作して満足するだけではいけません。
どのように活用していくのか、せっかく作ったキャラクターを存分に活かす方法を考えましょう。
その活用方法の1つとしてマンガ広告を挙げられますので、ぜひマンガ広告の制作を検討してみてください。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。