マンガ制作のポイント~マンガのカラー化②~

マンガをカラーで描くことによって、クリエイティブさやファッション性を高めることが可能となっています。
マンガ広告として利用する場合も、カラーであれば目立ちやすく多くの人の心を惹きつけるでしょう。

ですが、日本においてマンガはモノクロが主流となっているため、ただカラー化しただけでは読み手にとって受け入れづらいマンガになりかねません。
そこで今回は、前回に引き続きマンガ制作における注目点のひとつでもあるマンガのカラー化について解説します。

マンガをカラー化し人間的な存在感をアップさせる

マンガ広告をはじめマンガ作品には必ず登場人物が出てきますが、カラーであれば体温や表情などをより実感しやすくなります。
結果的に登場人物の心の動きや特徴を表しやすくなる点も嬉しいポイントです。

登場人物の人間性をよりわかりやすく表現して興味を持ってもらうというのは、マンガ広告におけるポイントの共感性を高めるためには必要不可欠です。
カラー化することで人間的な魅力をアピールできれば様々な商品やサービスの宣伝にも役立ち、さらに企業自体の知名度向上や好感度アップにも繋がるでしょう。

カラー化によってファッション性を高める

マンガ作品を彩る登場人物が身につけている服やアクセサリーもカラー化することでより映えます。
それだけでなく、背景やその他のアイテムに関してもカラーであれば華やかさが高まり存在感もアップします。

例えばマンガ広告によって特定のアイテムを宣伝したい場合、モノクロの場合はうまく表現できないことも珍しくありません。
場合によっては思っていた色味と違う、ということでお客様をがっかりさせてしまったり、色が想像できないからという理由で遠のいてしまうこともあるでしょう。
しかし、カラーという形でマンガ広告化できればありのままの姿を読み手に伝えることが可能です。
やはりモノクロとカラーでは伝達力が大きく異なってくるので、それを踏まえることもマンガ広告制作の際に注意すべきポイントとなります。
カラー化によりファッション性を高めることができれば、読者層の拡大や興味の高まりにも繋がるでしょう。

マンガ広告の場合は特定の商品やサービスを宣伝する必要があるため、正しく描いて情報伝達する必要が出てきます。
そのような点を考えると、やはり作品のカラー化は必要な要素と言えるでしょう。

おわりに

マンガ広告を制作する時にカラー化しますと、ファッション性をかなり高められ、なおかつ登場人物の人間的な魅力や存在感をアップさせられます。
宣伝したりアイテムを的確に伝えることもカラーならではの強みではないでしょうか。
カラーという強みを活かして、より効果的なマンガ広告を制作しましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。