「バズる」を分析してみた①

「バズる」とは、インターネットで情報拡散をする際に大きな武器となります。
特に何かを宣伝する時にバズらせることができれば、大きな効果を発揮するでしょう。

そこで今回は「バズる」に関して分析をし、その結果を解説します。

知りたい情報を発信するとバズる可能性が高まる

SNSを中心にあらゆる情報がやりとりされている世の中ですが、実際にバズっている投稿や情報を見ていると、特徴があることに気づきます。
中でも不特定多数の人たちが知りたいと思っている情報や、なるほどと思わせてくれるようなコンテンツが人気を集めています。

例えば緊急性を要するニュースは圧倒的なバズりやすさを有しており、その他にもリアルタイムで進行している事柄に関する情報もバズりやすいようです。
分析することで様々な特徴が分かりますが、上記のような投稿の他にも面白いネタ、有名人ネタなどはバズりやすい傾向にあります。

ただ明らかに「バズる」を狙って投稿しまうと読みが外れて失敗するケースが多いので、バズるか否かは運任せということも事実です。
しかし、世の中で流行りやすいということもまた事実なので、バズりやすさを分析してそれを取り入れれば、インターネット上で大きな拡散力を生みやすくなるでしょう。
マンガ広告でも同様で、特にSNS上で配信する場合には時事ネタや興味を持たれやすいネタを取り入れることをおすすめします。

ユーザーのリアクションにも注目する

インターネットは情報発信者に対してユーザーが直接リアクションを起こすことができる媒体です。
特にSNS上では双方間のやりとりが活発化しているので、SNSのリアクション機能を想定した投稿が求められます。

どういった際にいいねボタンが押されたりリツイートされるのかを分析するだけで投稿内容のクオリティが高まり、バズる可能性がアップします。

それぞれのSNSでは独自のシステムを作り上げていますが、投稿がユーザーのトップ画面に掲載されて、その後ユーザーが閲覧し、その段階で何らかの驚きや感動を与えることができればリアクションという反応が期待でき、爆発的に情報が拡散していくという部分は共通しています。
また、それぞれのSNSによってユーザー層などの特性が異なりますが、分析をすることによって傾向や時間的な要素を知れます。
そしてこの分析は「広告」という観点からも役立つ内容になるので、SNS広告を考えているのであれば知っておいて損はないはずです。

マンガ広告も広告の1つですから、これらの要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

おわりに

バズるという現象を分析することによって、マンガ広告をより拡散しやすくなります。
誰もが知りたいと思っている情報もエッセンスとして加え、さらにユーザーがリアクションしやすい形を取り入れることが大切でしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。