「バズる」を分析してみた②

バズらせるためにはいろいろなポイントを押さえなくてはなりませんが、基本的には瞬時に拡散したいと思わせなくてはなりません。
ユーザーに他の人にも知らせたいと思わせる必要があり、さらにそこからも拡散してもらうために不特定多数の人に興味を持ってもらう必要があります。

SNSへの投稿によって気づきを与え、情報発信者にとって理想的な反応をしてもらうことこそが、バズるためには欠かせません。
そこで今回は、バズることに関して解説します。

バズを分析することで見えてくるパターン

多くの人たちがバズらせるために工夫を凝らしていますが、まず第一のパターンとしてユーザーが求める情報を的確に提供し知的好奇心を満たすことが重要です。
それによってユーザーが何かを発見したり気づきを得て、その流れでいいねやリツイート、シェアといったリアクションを起こしていきます。

分析の結果、緊急性のあるニュースは人間を慌てさせ、その情報が拡散される傾向にあることがわかっています。
例えば地震や水害などをはじめとした自然災害が発生すると、普段はあまり拡散に積極的ではない人も積極的にリツイートなどをしているようです。
災害は明らかに人間にとってはデメリットなのですが、その逆のエンターテインメントに関するSNS投稿に関してもバズりやすい傾向があることがわかっています。
面白い話や動画などがあるとそれを友達と共有したいと感じ、ユーザーが拡散することでどんどんバズっていくのでしょう。

テレビ番組でもよく取り上げられるクオリティの高いコンテンツや可愛らしい動物などは、バズるための要素に特になりやすいと言われています。
ですのでマンガ広告制作の際にもこういった動物などを加えると、質の高い作品に仕上げられるでしょう。

想像もつかないコンテンツがバズることが多い

誰もが想像つくコンテンツはユーザーが見た際に衝撃が少なく、バズりにくいと言われています。
驚きを与えてくれるコンテンツは強みを持ち、例えば世間一般的に常識だと思われていることの正反対の内容をコンテンツ化したり、世間で起こっている様々な問題を作品化すると注目度が高まります。

想像がつかないような内容にするだけではなく、複数の興味をもたれやすいポイントを押さえることも必要でしょう。
例えばエンターテインメント要素に加えかわいい動物を掲載し、なおかつ良い意味で期待を裏切る内容を設定すれば、マンガ広告のクオリティはとても高くなるでしょう。

おわりに

バズるということに関して分析してみると、いくつかのパターンが見えてきます。
世間が興味を持つ事柄をマンガ広告に用いることによってバズりやすくなり、ユーザーに対して衝撃を与えるような内容を取り入れることも重要となってくるでしょう。
せっかく作ったマンガ広告ですから、より多くの人に見てもらうためにも上記内容を取り入れてみてはいかがでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。