バズるメリット、デメリット

SNSなどを活用してバズらせようとする動きが多くみられますが、これにはメリットもデメリットもあります。
バズることによる影響をあらかじめ把握しておくと準備を行いやすくなり、仮にデメリットが訪れても対応しやすくなるでしょう。

基本的にはメリットがかなり大きく、例えばマンガ広告がバズると想定以上の効果が見込めます。
そこで今回は、バズるメリット、デメリットについて解説します。

バズることによるメリットとは

制作したマンガ広告やSNSでの投稿などかバズると、世の中で情報が拡散され、宣伝効果が非常に高まります。
かかったコストに比べて期待できるパフォーマンスが大きくなる傾向にあり、売上の向上にもつながるでしょう。

また商品やサービス、企業自体の知名度のアップにもつながり、消費者が自社製品などに触れる機会が増えてきます。
拡散されることにより様々な層のユーザーにアプローチできる点も特徴であり、積極的なマーケティングを行いやすくなるでしょう。

話題性を作りやすくなり、既存のビジネス以外にもうまく活かすことができるでしょう。

中長期的な視点で商品やサービス、企業の成長を考えていく場合もバズることにより明確な目標を持ちやすくなります。
マンガ広告はその他の広告戦略以上に効果的だと言われることも多いですが、バズることによってより大きな効果が期待できます。

バズることのデメリットとは

ネット上でバズることで上記のようなメリットが生まれますが、逆にデメリットが生じることもあります。

バズることによって注目度が高まるため、必然的に攻撃的なユーザーに目をつけられやすくなります。
その結果として理不尽なクレームなどが増加するケースがあるというのが、デメリットと言われているようです。

多くの人に注目されるということは様々な視点で自社商品やサービスをチェックされるわけなので、理不尽ではない批判的な意見も増えてきます。
もちろんこういった意見はより良いサービスを行うために活用することもできるので一概にデメリットとはいえませんが、対応を間違えるとクレームに繋がってしまう恐れもあるでしょう。

ただ、デメリットは上記のようなものであり、総合的に考えると圧倒的にメリットが上回っています。
あらかじめマンガ広告をバズらせることで得られるメリットと襲いかかってくる可能性のあるデメリットを把握しておけば、あらゆる事態に対応できるでしょう。

おわりに

バズるとメリットを得ることができ、高い宣伝効果などを獲得できます。
しかしデメリットもあり、注意しておかなくてはなりません。
マンガ広告でより効果を出すためにも、メリットとデメリットを踏まえた上で「バズる」ための要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。