電子コミックのメリット・デメリット

スマートフォンやパソコン、タブレット端末で気軽にみることができることから、電子コミックの需要は近年かなり高まっています。
紙媒体のコミック以上に利便性が高く、自宅だけではなく通勤時などの少しの隙間時間に楽しむことが可能です。

ただ電子コミックが浸透したのはここ最近なので、メリットなどがわからない、という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、電子コミックのメリットとデメリットについて解説します。

電子コミックにはどんなメリットがあるのか

様々あるメリットの中でも特筆すべき存在は、データとして端末に格納できるという点でしょう。
紙媒体だと保管スペースが必要になり、さらに持ち運ばなくては好きな時に楽しむことができません。
しかし電子コミックの場合はどのようなタイミングでも読書ができ、保管スペースが必要ないということから、スマートフォンやタブレットの普及に伴ってその需要が高まりました。

そして端末上で読みたいコミックをすぐに見つけられることもメリットであり、場合によってはタイトルや目次を使ってソートできます。
読みたい作品がある時にはこれらの機能はとても嬉しく、利用者に喜ばれています。

他には、面倒な思いをすることなく購入できる点もメリットでしょう。
紙媒体であれば直接お店に買いに行く、通販で購入するというのが一般的なため、時間も労力もかかってしまいます。
しかし電子コミックであればたとえ夜中であっても移動することなく購入可能です。

これからの時代、マンガを楽しむためにはこれらのメリットを享受できる電子コミックがおすすめです。
マンガ広告と直接の関わりは無いように見えますが、電子コミックが世間に浸透したことでWEB広告におけるマンガ広告も普及していったため、恩恵はかなり受けていると言えるでしょう。

電子コミックのデメリットについて

上記のようなたくさんのメリットがある電子コミックですが、いくつかデメリットもあります。

特に紙媒体のコミックに慣れている場合は読みにくさを感じたり、端末の操作で困ることもあるでしょう。
比較的すぐに慣れる人が多いとは言え、画面サイズや端末の操作性の高さによっては利用しにくいかもしれません。

そして最大のデメリットは、紙媒体のコミックでは簡単にできる貸し借りができないという点です。
紙媒体は友達や家族の間などで共有されることでより広く、より長く人々に愛されます。
ですが電子媒体の場合、端末ごとの貸し借りとなるためなかなか気軽に共有は出来ないでしょう。
そのためある意味で機会損失に繋がっているとも言えてしまうのです。

ただ貸し借りによって発生するトラブルを未然に防げる、と考えればメリットにもなり得るでしょう。
電子コミックのメリットとデメリットを比較した場合、メリットに軍配が上がります。
マンガ広告に関しても今後は電子コミックで見る機会が圧倒的に増えるのではないでしょうか。

おわりに

電子コミックには様々なメリットとデメリットが存在していますが、いつでもどこでも読めて、場所を取らないという点は大きなメリットです。
この電子コミックの流行をマンガ広告で活用し、大きな広告の効果を生み出しませんか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ