マンガ制作のポイント~目的に応じた媒体~

マンガ広告などを制作する際には、媒体との相性も重要なポイントの1つです。
その目的に応じた媒体選択をすることで、より大きな広告効果が期待できます。

媒体によって最適なマンガの作り方が異なることを把握し、効果的な作品を作るようにすると良いでしょう。
そこで今回は、マンガ制作で知っておきたいポイントでもある、目的に応じた媒体について解説します。

それぞれの媒体によって適切なマンガは異なる

マンガ広告を掲載する媒体は昔に比べて増加していて、紙媒体のチラシやパンフレット、リーフレット、小冊子だけでなく、WEBサイトにも掲載されるようになりました。
同じ紙媒体であっても求められる要素が異なり、特にWEBの場合にはその違いはより顕著になります。

まず紙媒体のチラシの場合は、紙の大きさに注意しなくてはなりません。
基本的にチラシはサイズが限定された印刷物のため、4コママンガなどのコマ数が少ないものが適していると言われています。
あまりにもコマ数を増やすと宣伝のために記しておかなくてはならない商材の情報が掲載できないため、最低限のスペースで完結できる4コママンガが好まれているようです。

例えば複数ページ用意されているパンフレットの場合は、1ページ内に収める必要がないのである程度長いストーリーのマンガ広告も掲載できます。
もちろん目的に応じた媒体選択が肝となるので、売りたい商材にマッチした媒体かどうかの確認は必須です。
パンフレットの場合は数ページから場合によっては20ページ程のマンガも掲載できるため、商品やサービスの特徴やメリット、実際に使用している人のレビューもマンガに組み込めます。

WEB媒体の活用であらゆるマンガ広告で効果的に発信

WEB媒体は無限にパターンがあると言っても過言ではないため、様々な商材に対応しています。
複数の商材だけではなく、求める目的に応じた使用ができ、マンガ広告の有効活用が可能です。

例えばランディングページにマンガ広告を用いる場合には、ファーストビュー部分にマンガを掲載したり、トップ画像や導入部分を工夫してうまくマンガを読み進めてもらうことが大切になります。

商材の公式サイトが用意されている場合にはマンガ広告を使ってうまく誘導することも効果的であり、他にも様々な目的に応じた使い方ができます。
WEB媒体にはマンガ広告が溢れているので注目してもらうための工夫は必要ですが、目的を明確に持ちマンガ制作をすることでより効果が期待できるでしょう。

おわりに

マンガ制作をする時に大切なポイントとなるのが、目的に応じた媒体選択と媒体の特徴を活かした表現方法です。
紙媒体とWEB媒体でも違いがあり、それぞれに応じた工夫を行いましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。