マンガ制作のポイント~デザインのバランス~

マンガ広告を使用したプロモーションを行う際には、トータル的なデザインのバランスにも気を配ると良いでしょう。
ただ流行に乗っておしゃれにすれば良いというわけではなく、ターゲットに対して商材をしっかりと伝えられなくては意味がありません。

デザインに関する法則を理解し、本当に大切な情報を適切な形で掲載しましょう。
そこで今回は、マンガ制作におけるデザインのバランスについて解説します。

40-40-20の法則の重要性について

ダイレクトマーケティングの分野で非常に重視されているのが40-40-20の法則になります。
これはエド・バーネット氏がもともと提唱した方法で、成果達成にはターゲットアプローチが4割、商材の魅力、情報が4割、そしてデザインが2割という割合で影響を与えます。

これを見るとデザインばかりにこだわらなくても良いのでは?と感じる人もいるかもしれませんが、より良い宣伝を行うためには「2割」のデザインにも注目しなくてはなりません。
掲載する情報やターゲットとなる人に関して徹底的に考慮し、そのうえで適切なデザインを施すことで、より効果が期待できるでしょう。

この法則はあらゆる宣伝にも共通して言えるので、実際に数多くの企業が実践しています。

これはマンガ広告を使ったマーケティング戦略の際も同様で、デザインのバランスを適切な割合にしようと思った場合、イラストのタッチや配色、コマ割りなど全体に気を付けなくてはなりません。 いくらターゲットや商品を分析し、ストーリーに力を入れても全体のデザインが良くなければ効果を発揮しにくくなります。

マンガ広告はそれ自体がデザインの要素をかなり含むためあまり意識しなくても気にする人の方が多いですが、40-40-20の法則を置いたうえで制作を進めると、より最適なマンガ広告が出来上がるでしょう。

デザインバランスにより広告効果のアップを狙う

広告制作の際に悩むことが多いデザインバランスについてですが、効果を高めるためには上記の4割+4割の部分を重要視し、そのうえでデザイン作りをする必要があります。
デザインだけを最優先に考えてしまうと、本来の目的などから逸れてしまうことも少なくはありません。
ですからデザイン担当者に任せっきりにはせず、ターゲットに対して情報を的確に伝えるための工夫ポイントをデザイン担当者以外も考えると良いでしょう。

紙媒体のダイレクトメールやWEB上のランディングページなどにおいてもデザインバランスが結果に大きく関わってきます。
上記3つのポイントのバランスを知っていると重視すべきポイントはおのずと見えてくるはずです。

マンガ制作をして宣伝を行う場合にも、4割+4割の部分を優先した上で、適したタッチなどを考えるようにしましょう。

おわりに

マンガ製作のポイントとしてデザインのバランスの大切さを把握しておきましょう。
40-40-20の法則を活用しつつ、効果測定の際にもこれを基に分析すれば効果が出やすくなります。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。