広告で活かせる心理効果7つ

心理効果は様々な場面で活用でき、広告戦略においても有効利用されています。
広告というのは人の心を動かすことで成果が生まれるため、心理効果が非常に役立ちます。

強みになる心理効果を把握して活用することで、プロモーション効果はより高まるでしょう。
そこで今回は、広告で活かせる心理効果7つについて解説します。

マンガ広告制作の際にも活かせる心理効果

まず人間は限定や物珍しい商品に対して興味を持ちやすい特性があることから、その心理効果を押さえることが重要です。
例えば○月○日までは割引、先着〇人に販売、といった形でアピールすることも方法の1つです。

そのほかにはおまけを用意することも立派な心理効果となります。
おまけがつくのであれば購入しよう、といった考えが生まれるものですし、人間は想定しないおまけには弱いと言われています。
割引やおまけによるお得感や、限定といったプレミアム感を与えてライトユーザーの購買欲を刺激することで、より大きな成果に繋がるでしょう。

そしてザイアンスの法則も重要性の高い効果のひとつです。
広告戦略によって消費者と企業側が接点を増加させれば、より深い関係性になり興味を持ってもらえます。
こういった関係性を築いておくことは中長期的なアプローチ戦略においてもかなり大切になります。

マンガ広告を使ったマーケティングの際にもこれらの心理効果はうまく活用できるでしょう。

心理効果には様々な種類がある

上記以外にも多種多様な心理効果が存在しており、それぞれの特性を把握することで求める効果を得ることが出来ます。

例えば、権威を示すことによって宣伝効果が高まると言われています。
国内外の有名企業が利用しているサービス、芸能人が多数お取り寄せしているスイーツ、と情報を見て、自分もやってみようかな、買ってみようかなと思ったことがあるのではないでしょうか。
このように影響力のあるものと組み合わせることで、サービスや商品もその恩恵を受けることが出来るのです。
新商品や、まだあまり世の中に認知されていないサービスや商品を売り出すときに効果的でしょう。

そしてフィア・アピールというものも存在していて、これは不安を解消できる商品やサービスをアピールする時に役立ちます。
あえて読み手に不安を抱かせることでより商品やサービスを魅力的に見せることが出来るため、リアリティを持たせることが出来るマンガ広告とは相性が良いと言えるでしょう。

他にはサンプルの進呈を行うことも、自社商材の購入や利用に繋げる方法となります。
人間が持っている心理のひとつであり、まさにギブアンドテイクそのものでしょう。

また限定条件のもとでの成果も宣伝効果を高めてくれます。
例えば、〇〇のお客様に一番売れている、アンケートによる満足度ナンバーワンの商品、といった形で限定条件下の事実を伝えることも欠かせません。

マンガ広告にこれらの効果を用いることができれば、想像以上の成果が期待できそうです。

おわりに

広告で使うことができる心理効果は様々ありますが、今回紹介した心理効果は特におすすめです。
マンガ広告でより活きる効果もありますので、ターゲット層や目的に合った効果を利用してみてはいかがでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。