PASONAの法則とマンガ制作

広告によって商品やサービスを宣伝する際には、消費者に興味を抱いてもらえるような対策が必要です。
PASONAの法則もその中のひとつで、これは5つのポイントから構成されています。

この法則を使うことでマンガ制作の際に内容の選定が行いやすくなり、よりアピール効果の高いストーリーに仕上がるでしょう。
そこで今回は、PASONAの法則とマンガ制作について解説します。

PASONAの法則について

マーケティングに関する法則のPASONAの法則は、「Problem・Agitation・Solution・Narrowdown・Action」の頭文字をとっています。
それぞれ「問題提起・あぶりだし・解決策を示す・絞り込み・行動」のことを指していて、この順番を意識してマンガ広告の制作を行えば、商品やサービスに興味がない人にも影響を与えることが出来るでしょう。

実際にこの法則はマーケティングの現場で頻繁に使われており、マンガ広告以外の宣伝方法を活用する際にも利用されています。
消費者の心理にしっかりと働きかけ、不自然ではなく自然に行動を起こさせることが可能です。

このテンプレートを使うことによって自然と起承転結も出来上がるため、マンガ広告のストーリー作りが非常にはかどります。
マンガ広告のストーリー次第で宣伝効果はかなり異なるので、PASONAの法則を導入すると良いでしょう。

PASONAの法則の効果を高めるために

PASONAの法則はぜひとも活用したい方法ではありますが、使い方を間違ってしまうと効果が期待しにくくなります。

まずは他人ごとではなく、自分に関係があると読み手に思わせることが何よりも大切です。
それを実現させるためには特に「Problem」の部分に注意し読み手が抱える問題を思い起こさせましょう。

次に問題を読み手が認識した後に企業側が期待する行動を促そうと思った場合に、緊急性をあおる方法でアピール出来ればより成果に直結させることが出来るでしょう。
そして問題の重要性を認識して解決方法を求める読み手に対して具体的な解決方法を示すことが、最終的に必要になります。
「Action」を起こさせることにより、PASONAの法則の一連の流れが完成します。

マンガ広告は主人公、もしくは登場人物をいかに読み手が共感できる人物にすることが出来るかという部分が鍵となるでしょう。
読み手の共感を得ることが出来ればマンガの中で進むストーリーをよりリアルに感じ取ってもらうことにも繋がるので、意識して制作を進めてください。

おわりに

PASONAの法則は消費者の心理を考えた画期的なアプローチ方法です。
マンガ広告を制作する際にこの流れに注意することができればおのずと成果のあがる広告になるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。